出版案内
福祉事業団

「ふなずし」テーマに農業遺産シンポ 2月19日、大津で

 琵琶湖とのつながりを生かした農林水産業の「世界農業遺産」認定を目指す滋賀県は2月19日、ふなずしをテーマにしたシンポジウムを大津市におの浜1丁目のピアザ淡海で開く。湖魚と近江米の魅力を専門家が語り、ふなずしの試食会や地酒の試飲もある。

 世界農業遺産は国連食糧農業機関(FAO)による認定制度。伝統的な農業、文化、生物多様性の保全が目的で、世界36地域、うち国内では8地域が認定を受けている。県は2017年度の申請、19年度の認定を目標にしている。

 シンポでは、認定に向けた県の取り組みを紹介するほか、漁師や農業者、食文化が専門の堀越昌子・滋賀大名誉教授らが登壇。琵琶湖の自然と風土に育まれたふなずしが世界に誇れる点を語る。

 午後2時~4時45分。先着100人、参加無料。申し込みは県農政課TEL077(528)3825。

【 2017年01月11日 08時55分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      宇良、うれしい新入幕 入門2年、地道な努力でスピード出世

      20170227000166

       日本相撲協会は27日、大相撲春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を..... [ 記事へ ]

      経済

      ソニーが高画質、新型スマホ発表
      携帯見本市、復刻版も登場

      20170227000161

       【バルセロナ共同】世界最大級の携帯端末展示会「モバイル・ワールド・コングレス」が27日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・南座、外観保存し大規模改修へ 松竹発表

      20170227000069

       松竹は27日、休館中の南座(京都市東山区)について、外観など現在の建物を保存活用し、耐..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      東日本大震災、自主避難者の声聞いて 京都でシンポ

      20170227000025

       自主避難者の現状について考えるシンポジウムが26日、京都市北区の立命館大であった。福島..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経に巻き修復、布状の素材開発
      手足のしびれ治療目指す

      20170227000134

       物質・材料研究機構(茨城県つくば市)と大阪大のチームは27日、傷ついた末梢神経に直接巻..... [ 記事へ ]

      国際

      対イスラム国戦略は「予備段階」
      米国防長官、計画の草案提出

      20170228000011

       【ワシントン共同】マティス米国防長官は27日、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦..... [ 記事へ ]