出版案内
福祉事業団

火災死者9人増の15人 京都市16年まとめ

119番通報の受け付けや出動指令などをする消防指令センター。2016年は京都市内でたばこが原因の火災が一番多かった(京都市中京区・市消防局)
119番通報の受け付けや出動指令などをする消防指令センター。2016年は京都市内でたばこが原因の火災が一番多かった(京都市中京区・市消防局)

 京都市消防局は10日、2016年の火災発生と救急出動の件数を発表した。火災による死者は前年より9人増の15人で、発生原因は「たばこ」が全体の約2割に上って41年ぶりに最多となった。救急出動は1302件増の8万4638件で7年連続で過去最多を更新した。

■原因トップはたばこ「注意すれば防げる」

 火災件数は15年まで3年連続で減少していたが、再び増加に転じ、前年比24件増の256件だった。原因別では、たばこの49件(14件増)がトップで、1976年から40年連続で最多だった疑いを含む放火の42件(3件増)を上回った。こんろ23件(8件増)やたき火13件(3件増)、ガス・油類の引火11件(2件増)などが続いた。

 死者15人のうち、65歳以上の高齢者や体が不自由な人は12人と8割を占め、逃げ遅れが主な原因とみられる。

 たばこによる火災の発生場所は、49件のうち39件が建物。建物火災での出火元は寝室が16件と4割を占め、燃えやすい布団や座布団などに引火するケースが目立っている。

 出火原因は「喫煙中に火種が落下」24件や「たばこの投げ捨て」10件、「寝たばこ」3件など、いずれも不注意が原因という。

 市消防局は「たばこの火災は、注意すれば防げる。捨てる際には水などで確実に消し、吸っているときも火種を落とさないように気をつけてほしい」と訴えている。

 救急出動は1日平均231・3件を数え、6分14秒に1回の出動となった。種類別では急病65・7%と転倒によるけがなどの一般負傷15・7%、交通事故9・5%で全体の9割だった。

 この10年間で約1万2千件増えており、高齢化が要因の一つとみられる。市消防局はこの間、救急隊を5隊増設するなどして対応している。

【 2017年01月11日 12時20分 】

ニュース写真

  • 119番通報の受け付けや出動指令などをする消防指令センター。2016年は京都市内でたばこが原因の火災が一番多かった(京都市中京区・市消防局)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      アルペン、ヒルシャー左足首骨折
      史上初のW杯総合6連覇

      20170818000004

       オーストリア・スキー連盟は17日、アルペンスキーのワールドカップ(W杯)で昨季史上初の..... [ 記事へ ]

      経済

      女性活躍の職場へ研修拠点 京都に開設、人事制度で提言も

      20170817000158

       女性社員を活用する職場環境の整備や能力開発の方策を学ぶ研修スペース「京都ウィメンズベー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「船渡御」夕暮れの川ゆったり 大津・建部大社の船幸祭

      20170817000167

       大津三大祭りの一つ、建部大社(大津市神領1丁目)の船幸祭(せんこうさい)は17日、本祭..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮「軍事的解決ない」
      バノン首席戦略官

      20170818000006

       【ワシントン共同】トランプ米政権のバノン首席戦略官兼上級顧問は、米左派系雑誌「アメリカ..... [ 記事へ ]