出版案内
福祉事業団

「社員」は平均69歳 高齢者活躍へ、滋賀知事が懇談

「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木
「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木

 滋賀県の三日月大造知事は11日、住民の支え合い組織をつくって地域の福祉事業や生きがいづくり活動を展開している米原市のグループ「大野木長寿村まちづくり会社」を訪れ、メンバーと高齢者の意欲を引き出す取り組みなどについて懇談した。

 同グループは過疎・高齢化に危機感を持った同市大野木地区の住民が、地域の課題は自らの手で解決していこうと2011年9月に任意団体として設立した。60人の「社員」の平均年齢は69歳で、地区住民の要望に応じて草刈りや病院の付き添い、庭の手入れなどを有償で引き受けるほか、地区内の古民家を拠点に高齢者の訪問支援活動を続けるなど、多彩な取り組みを展開している。

 懇談では「社長」を務める西秋清志さん(81)ら同社役員が社の活動方針などを紹介。「有償事業にすることで、仕事をする側とされる側が対等の立場になる。事業を長続きさせるポイントだ」「いろんな技術を持つ高齢者が元気を発揮できる場づくりが大事ではないか」など、高齢化時代の地域づくりの在り方を提起した。三日月知事は「心で豊かさを感じられる取り組みで、これからの社会づくりのモデルになる」と聞き入っていた。

 三日月知事は9~13日の日程で、人口減少や高齢化が進む地域の課題と魅力を体感するため、同市大久保に短期居住している。住民との懇談のほか、福祉事業所や企業などの視察、訪問も予定している。

【 2017年01月12日 09時18分 】

ニュース写真

  • 「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      宇良、うれしい新入幕 入門2年、地道な努力でスピード出世

      20170227000166

       日本相撲協会は27日、大相撲春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を..... [ 記事へ ]

      経済

      ソニーが高画質、新型スマホ発表
      携帯見本市、復刻版も登場

      20170227000161

       【バルセロナ共同】世界最大級の携帯端末展示会「モバイル・ワールド・コングレス」が27日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・南座、外観保存し大規模改修へ 松竹発表

      20170227000069

       松竹は27日、休館中の南座(京都市東山区)について、外観など現在の建物を保存活用し、耐..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      東日本大震災、自主避難者の声聞いて 京都でシンポ

      20170227000025

       自主避難者の現状について考えるシンポジウムが26日、京都市北区の立命館大であった。福島..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経に巻き修復、布状の素材開発
      手足のしびれ治療目指す

      20170227000134

       物質・材料研究機構(茨城県つくば市)と大阪大のチームは27日、傷ついた末梢神経に直接巻..... [ 記事へ ]

      国際

      対イスラム国戦略は「予備段階」
      米国防長官、計画の草案提出

      20170228000011

       【ワシントン共同】マティス米国防長官は27日、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦..... [ 記事へ ]