出版案内
福祉事業団

「社員」は平均69歳 高齢者活躍へ、滋賀知事が懇談

「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木
「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木

 滋賀県の三日月大造知事は11日、住民の支え合い組織をつくって地域の福祉事業や生きがいづくり活動を展開している米原市のグループ「大野木長寿村まちづくり会社」を訪れ、メンバーと高齢者の意欲を引き出す取り組みなどについて懇談した。

 同グループは過疎・高齢化に危機感を持った同市大野木地区の住民が、地域の課題は自らの手で解決していこうと2011年9月に任意団体として設立した。60人の「社員」の平均年齢は69歳で、地区住民の要望に応じて草刈りや病院の付き添い、庭の手入れなどを有償で引き受けるほか、地区内の古民家を拠点に高齢者の訪問支援活動を続けるなど、多彩な取り組みを展開している。

 懇談では「社長」を務める西秋清志さん(81)ら同社役員が社の活動方針などを紹介。「有償事業にすることで、仕事をする側とされる側が対等の立場になる。事業を長続きさせるポイントだ」「いろんな技術を持つ高齢者が元気を発揮できる場づくりが大事ではないか」など、高齢化時代の地域づくりの在り方を提起した。三日月知事は「心で豊かさを感じられる取り組みで、これからの社会づくりのモデルになる」と聞き入っていた。

 三日月知事は9~13日の日程で、人口減少や高齢化が進む地域の課題と魅力を体感するため、同市大久保に短期居住している。住民との懇談のほか、福祉事業所や企業などの視察、訪問も予定している。

【 2017年01月12日 09時18分 】

ニュース写真

  • 「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      西武の牧田、条件次第では残留も
      ポスティングでの米移籍

      20171123000103

       ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す西武の牧田和久投手(33)が23日..... [ 記事へ ]

      経済

      手もみ5時間、製茶技術競う 京都・宇治で全国大会

      20171123000092

       手もみによる製茶技術を競う全国大会が22日、京都府宇治市宇治の宇治茶会館などで催された..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      迎春へ色づくタチバナ 京都・石清水八幡宮、巫女が収穫

      20171123000044

       京都府八幡市八幡の石清水八幡宮で22日、正月の参拝者に授与する「橘酒(たちばなしゅ)」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、性別決める鍵遺伝子発見
      環境要因で性別が変わるミジ

      20171123000072

       生息場所の個体密度や温度などの環境要因で性別が変わる微小生物「ミジンコ」の性別を決める..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、早速ゴルフか
      「仕事する」ツイート後

      20171123000078

       【ワシントン共同】感謝祭の休暇を過ごすため21日に米南部フロリダ州パームビーチの高級別..... [ 記事へ ]