出版案内
福祉事業団

「社員」は平均69歳 高齢者活躍へ、滋賀知事が懇談

「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木
「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木

 滋賀県の三日月大造知事は11日、住民の支え合い組織をつくって地域の福祉事業や生きがいづくり活動を展開している米原市のグループ「大野木長寿村まちづくり会社」を訪れ、メンバーと高齢者の意欲を引き出す取り組みなどについて懇談した。

 同グループは過疎・高齢化に危機感を持った同市大野木地区の住民が、地域の課題は自らの手で解決していこうと2011年9月に任意団体として設立した。60人の「社員」の平均年齢は69歳で、地区住民の要望に応じて草刈りや病院の付き添い、庭の手入れなどを有償で引き受けるほか、地区内の古民家を拠点に高齢者の訪問支援活動を続けるなど、多彩な取り組みを展開している。

 懇談では「社長」を務める西秋清志さん(81)ら同社役員が社の活動方針などを紹介。「有償事業にすることで、仕事をする側とされる側が対等の立場になる。事業を長続きさせるポイントだ」「いろんな技術を持つ高齢者が元気を発揮できる場づくりが大事ではないか」など、高齢化時代の地域づくりの在り方を提起した。三日月知事は「心で豊かさを感じられる取り組みで、これからの社会づくりのモデルになる」と聞き入っていた。

 三日月知事は9~13日の日程で、人口減少や高齢化が進む地域の課題と魅力を体感するため、同市大久保に短期居住している。住民との懇談のほか、福祉事業所や企業などの視察、訪問も予定している。

【 2017年01月12日 09時18分 】

ニュース写真

  • 「大野木長寿村まちづくり会社」の役員と懇談し、高齢者の活躍の場がある地域づくりなどについて意見交換する三日月知事(右端)=米原市大野木
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、本田は終盤に出場
      イタリア・セリエA

      20170424000001

       【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で、本田圭佑のACミ..... [ 記事へ ]

      経済

      「生活に最低限の所得給付を」 京都でスイスの活動家らシンポ

      20170423000099

       暮らしに必要な所得を全員一律に支給する「ベーシックインカム(BI)」について、スイスで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      特産の天然砥石で研ぎ体験 京都、展示施設リニューアル

      20170423000036

       京都府亀岡市の特産品を紹介する展示・体験施設「森のステーションかめおか」が22日、同市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      サンゴ白化防止、新たな保護区を
      専門家会議が緊急提言

      20170423000103

       沖縄県や鹿児島県で昨年、過去最大級のサンゴの白化現象が起きたのを受けて、環境省は23日..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮問題などで舌戦、韓国
      大統領選向け第1回討論会

      20170423000118

       【ソウル共同】韓国大統領選に向けた中央選挙管理委員会主催の第1回テレビ討論会が23日、..... [ 記事へ ]