出版案内
福祉事業団

漢検元理事長ら24億円賠償命令 京都地裁、取引で損害

 財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市東山区)の背任事件をめぐり、協会が元理事長の親子らに約25億円2900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、京都地裁であった。久保田浩史裁判長は、採点システム開発費を除く24億9400万円の支払いを命じた。

 同協会を巡っては2009年に不透明な取引が発覚、役員体制を一新した。大久保昇元理事長(81)と長男の浩元副理事長(53)は関連会社との架空取引で漢検協会に約2億8千万円の損害を与えたとして、背任罪で14年に実刑判決が確定している。民事訴訟で協会側は、2人が正副理事長だった00年4月~09年3月、理事会の承認を得ずに関連4社と利益相反取引を続け、損害を受けたと訴えていた。元理事長側は09年4月に理事会と評議員会で追認決議を得ており、取引は有効と主張していた。

 判決では、当該の理事会に理事の代理人1人が出席していたことを認めず、「理事会の定足数を満たしておらず、追認決議は無効」と判断した。関連4社との取引については「漢検協会に損失を与えると予見でき、経営判断という観点からも理事の裁量権を逸脱したもの」と指摘した。

 漢検協会は「主張がほぼ全面的に認められた内容と認識している。公益財団にふさわしい透明性の高い運営を心がける」とコメントを出した。一方、元理事長の代理人は「決議の手続きを形式的に解釈して、これまでの理事会の実態を無視した不当な判決」と話し、控訴する方針という。

【 2017年01月12日 18時08分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      宇良、うれしい新入幕 入門2年、地道な努力でスピード出世

      20170227000166

       日本相撲協会は27日、大相撲春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を..... [ 記事へ ]

      経済

      ソニーが高画質、新型スマホ発表
      携帯見本市、復刻版も登場

      20170227000161

       【バルセロナ共同】世界最大級の携帯端末展示会「モバイル・ワールド・コングレス」が27日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・南座、外観保存し大規模改修へ 松竹発表

      20170227000069

       松竹は27日、休館中の南座(京都市東山区)について、外観など現在の建物を保存活用し、耐..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      東日本大震災、自主避難者の声聞いて 京都でシンポ

      20170227000025

       自主避難者の現状について考えるシンポジウムが26日、京都市北区の立命館大であった。福島..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経に巻き修復、布状の素材開発
      手足のしびれ治療目指す

      20170227000134

       物質・材料研究機構(茨城県つくば市)と大阪大のチームは27日、傷ついた末梢神経に直接巻..... [ 記事へ ]

      国際

      対イスラム国戦略は「予備段階」
      米国防長官、計画の草案提出

      20170228000011

       【ワシントン共同】マティス米国防長官は27日、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦..... [ 記事へ ]