出版案内
福祉事業団

漢検元理事長ら24億円賠償命令 京都地裁、取引で損害

 財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市東山区)の背任事件をめぐり、協会が元理事長の親子らに約25億円2900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、京都地裁であった。久保田浩史裁判長は、採点システム開発費を除く24億9400万円の支払いを命じた。

 同協会を巡っては2009年に不透明な取引が発覚、役員体制を一新した。大久保昇元理事長(81)と長男の浩元副理事長(53)は関連会社との架空取引で漢検協会に約2億8千万円の損害を与えたとして、背任罪で14年に実刑判決が確定している。民事訴訟で協会側は、2人が正副理事長だった00年4月~09年3月、理事会の承認を得ずに関連4社と利益相反取引を続け、損害を受けたと訴えていた。元理事長側は09年4月に理事会と評議員会で追認決議を得ており、取引は有効と主張していた。

 判決では、当該の理事会に理事の代理人1人が出席していたことを認めず、「理事会の定足数を満たしておらず、追認決議は無効」と判断した。関連4社との取引については「漢検協会に損失を与えると予見でき、経営判断という観点からも理事の裁量権を逸脱したもの」と指摘した。

 漢検協会は「主張がほぼ全面的に認められた内容と認識している。公益財団にふさわしい透明性の高い運営を心がける」とコメントを出した。一方、元理事長の代理人は「決議の手続きを形式的に解釈して、これまでの理事会の実態を無視した不当な判決」と話し、控訴する方針という。

【 2017年01月12日 18時08分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      マルセイユの酒井宏を高く評価
      監督が総括、フランス1部

      20170527000020

       【マルセイユ(フランス)共同】サッカーのフランス1部リーグで酒井宏樹の所属するマルセイ..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、7日ぶり小幅反落
      ナスダックとSP最高値

      20170527000012

       【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、小幅ながら7..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      秦テルヲの作品、90年ぶり発見 京都、異端の日本画家

      20170527000030

       明治から昭和にかけて活躍した異端の日本画家、秦(はだ)テルヲが大正期に手がけ、行方が分..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      養殖サケ、赤潮から救え
      京大などチリで調査開始

      20170526000182

       日本のスーパーで売られているチリ産サーモンの養殖業が、現地で深刻な赤潮被害を受けている..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖の赤潮、8年間発生ゼロ 水質改善対策が効果?

      20170527000022

       富栄養化が原因とされる琵琶湖の赤潮が、8年間発生していない。1977年5月27日、赤潮..... [ 記事へ ]

      国際

      G7でトランプ夫妻“別格”扱い
      「安全上の理由」

      20170527000011

       【タオルミナ共同】イタリア南部シチリア島タオルミナで26日開幕した先進7カ国(G7)首..... [ 記事へ ]