出版案内
福祉事業団

クラウドソーシングで蔵書検索の精度向上へ 京都府立図書館

クラウドソーシングの参加者は、2冊を見比べて同じ本かどうかを判定する=LーCroudのホームページより
クラウドソーシングの参加者は、2冊を見比べて同じ本かどうかを判定する=LーCroudのホームページより

 京都府立図書館(京都市左京区)は、インターネットを通して不特定多数の人に作業を募る「クラウドソーシング」の仕組みを使い、府民の協力で府内の自治体の蔵書や図書資料を整理し、スムーズに検索できるようにする取り組みを始めた。同一書籍でも違う本のように表示されたり、シリーズものが連続して表示されないなどの不具合を、3年かけて改善していく。

 クラウドソーシングを使うのは、全国の公立図書館で初めての試み。府立図書館によると、府内には、各自治体などの公立図書館が59館あり、検索ネットワーク「府図書館総合目録システム」でつながっている。蔵書は約244万種類約714万冊だが、中には、書籍特定のための番号(ISBN)が間違っていたり、職員の入力ミスなどで違う本なのに同じ本と表示されてしまったりするなど、あいまいな書誌情報を持つ本が約30万冊近くあるという。

 そこで、図書館のためのクラウド・ソーシングシステム「L―Crowd」を利用し、市民に一つ一つ書誌情報を判定してもらうことにした。L―Crowdのページから「プロジェクト3」という府立図書館欄の「タスク」をクリックすると、似ている2冊の本のタイトルが出てくる。その2冊が同じ本かどうかを判定する。書誌情報が正確に整理されると、国立国会図書館のデータとも連動でき、資料データの項目が拡充するため、検索の精度も上がる。

 事業は府立図書館サービス計画の一環で、同志社大と、蔵書検索システムの構築を手がける民間会社「カーリル」(岐阜県)などが共同で実施する。府立図書館は「判定は数分でできるため、気軽に参加してもらい、検索システム向上につなげたい」としている。

【 2017年02月17日 12時00分 】

ニュース写真

  • クラウドソーシングの参加者は、2冊を見比べて同じ本かどうかを判定する=LーCroudのホームページより
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      複合団体、日本は前半2位
      世界ノルディック第5日

      20170226000098

       【ラハティ(フィンランド)共同】ノルディックスキーの世界選手権第5日は26日、フィンラ..... [ 記事へ ]

      経済

      小型クロマグロ豊漁も困惑 京都府、他の魚揚げられず

      20170226000017

       京都府内の定置網漁による太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が2月に急増し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地震古文書、みんなで解読 京都大研究者らアプリ開発

      20170226000078

       地震関係の古文書に記された崩し字を活字に起こすプロジェクトを、京都大の研究者グループが..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      難聴高校生の授業支え 教員の声、タブレットで文字に

      20170226000054

       障害者差別解消法施行を受け、京都府教育委員会は昨秋から、聴覚に障害のある高校生への支援..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「核燃料取り出しへ本腰」
      事故6年を前に東電幹部

      20170226000067

       東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者が26日までに共同通信のインタビ..... [ 記事へ ]

      国際

      朴氏、最終弁論欠席の意向
      厳しい質問回避か

      20170226000089

       【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領の弁護団は26日、朴氏の罷免の可否を判断する弾劾審判で..... [ 記事へ ]