出版案内
福祉事業団

米軍、2回目の実弾訓練実施 京都・福知山、市民ら抗議

2回目の実弾訓練を終え、バスに分乗して帰路の準備をする米軍関係車ら(京都府福知山市天田・陸上自衛隊福知山射撃場)
2回目の実弾訓練を終え、バスに分乗して帰路の準備をする米軍関係車ら(京都府福知山市天田・陸上自衛隊福知山射撃場)

 米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)の軍人・軍属が6日、陸上自衛隊福知山射撃場(福知山市)で実弾射撃訓練を行った。昨秋以来の2回目で、市民からは騒音対策の徹底や抗議の声が上がった。

 日米地位協定に基づく日米共同利用の米軍施設として昨年11月に続く運用。防衛省近畿中部防衛局によると、今回はこの日だけの日程で、米軍人・軍属ら約30人が午前9時15分から約4時間、25メートル離れた標的に向かい、訓練をしたという。

 同局は、射撃音を敷地内の土手や近隣の民家など3カ所で測定し、府と福知山市の職員が立ち会った。付近では断続的に発砲音が響き、陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員が警戒した。米軍人らは午後2時ごろ、バスや、弾薬や銃器を積んだ車両に乗り込み、同射撃場を後にした。

 近隣の室自治会の田中定行会長(74)は「前回から防音対策が進んでおらず、きっちりと対策を講じてほしい」と注文をつけた。訓練に反対する市民団体「福知山平和委員会」や福知山地方労働組合協議会のメンバーも駆けつけ、同地労協の奥井正美議長(63)は「弾薬を積んだ車の事故が心配で、訓練はやめるべきだ。今後もバスで来場するなど約束が守られているか、監視したい」と話した。

【 2017年03月06日 22時40分 】

ニュース写真

  • 2回目の実弾訓練を終え、バスに分乗して帰路の準備をする米軍関係車ら(京都府福知山市天田・陸上自衛隊福知山射撃場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      比嘉が4月15日に防衛戦
      拳四朗とともにV3狙う

      20180219000119

       世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)とWBCラ..... [ 記事へ ]

      経済

      無人店実現へ、自動精算実験
      パナと福岡企業、人手不足に対応

      20180219000111

       パナソニックは19日、ディスカウントストアを運営するトライアルカンパニー(福岡市)と連..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      グンゼ創業者鶴吉の生涯、社員と市民熱演 没後100年で

      20180219000057

       繊維大手グンゼの創業者波多野鶴吉(1858~1918年)が23日で没後100年を迎える..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      契約は慎重、相談は早め…京都、高校生が悪徳商法の対応学ぶ

      20180219000059

       卒業を控えた高校3年生を対象に、契約に関わるトラブルや悪徳商法の被害を防ぐための教室が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ米大統領夫妻にすきま風
      離婚巡り世論を二分

      20180219000114

       【ワシントン共同】トランプ米大統領(71)の過去の不倫疑惑が相次いで浮上し、メラニア夫..... [ 記事へ ]