出版案内
福祉事業団

米軍、2回目の実弾訓練実施 京都・福知山、市民ら抗議

2回目の実弾訓練を終え、バスに分乗して帰路の準備をする米軍関係車ら(京都府福知山市天田・陸上自衛隊福知山射撃場)
2回目の実弾訓練を終え、バスに分乗して帰路の準備をする米軍関係車ら(京都府福知山市天田・陸上自衛隊福知山射撃場)

 米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)の軍人・軍属が6日、陸上自衛隊福知山射撃場(福知山市)で実弾射撃訓練を行った。昨秋以来の2回目で、市民からは騒音対策の徹底や抗議の声が上がった。

 日米地位協定に基づく日米共同利用の米軍施設として昨年11月に続く運用。防衛省近畿中部防衛局によると、今回はこの日だけの日程で、米軍人・軍属ら約30人が午前9時15分から約4時間、25メートル離れた標的に向かい、訓練をしたという。

 同局は、射撃音を敷地内の土手や近隣の民家など3カ所で測定し、府と福知山市の職員が立ち会った。付近では断続的に発砲音が響き、陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員が警戒した。米軍人らは午後2時ごろ、バスや、弾薬や銃器を積んだ車両に乗り込み、同射撃場を後にした。

 近隣の室自治会の田中定行会長(74)は「前回から防音対策が進んでおらず、きっちりと対策を講じてほしい」と注文をつけた。訓練に反対する市民団体「福知山平和委員会」や福知山地方労働組合協議会のメンバーも駆けつけ、同地労協の奥井正美議長(63)は「弾薬を積んだ車の事故が心配で、訓練はやめるべきだ。今後もバスで来場するなど約束が守られているか、監視したい」と話した。

【 2017年03月06日 22時40分 】

ニュース写真

  • 2回目の実弾訓練を終え、バスに分乗して帰路の準備をする米軍関係車ら(京都府福知山市天田・陸上自衛隊福知山射撃場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      マーリンズが田沢を出場選手登録
      脇腹痛で故障者リスト入り

      20170623000019

       【マイアミ共同】米大リーグ、マーリンズは22日、脇腹痛で故障者リスト(DL)入りしてい..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、12ドル安
      金融、小売り下げ

      20170623000017

       【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      第38代クイーン決まる 京都・舞鶴をPR

      20170622000093

       京都府舞鶴市の夏の一大イベント「みなと舞鶴ちゃったまつり」に合わせて第38代「クイーン..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の黄大豆、学生が再興 地産地消へ食品化目指す

      20170622000090

       京都産業大の学生グループが京都市左京区静市静原町で、京都市内の大豆問屋と地域住民の協力..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設の試運転公開、福島
      除染廃棄物を分別

      20170622000110

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た廃棄物を保管する中間..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領「太陽光パネルの壁」
      メキシコ国境に提案

      20170622000158

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、中西部アイオワ州で開いた支持者集会で、不法..... [ 記事へ ]