出版案内
福祉事業団

「明るい展望」と京都の原告 原発避難訴訟、賠償額に不満も

 「ふるさとの喪失」「転校による友との別れ」など、原発事故で避難者が被った苦しみやストレスに目を向けた17日の前橋避難者訴訟の判決。京都府内に避難し京都地裁で同様の法廷闘争を続けている原告たちは、「国の責任を認めたことは、京都の避難者にとって明るい展望だ」と評価したが、賠償額について「命の値段がこれだけなのかと思うと、悲しさがこみ上げる」と不満を漏らした。

 京都では府内への避難者ら58世帯175人が集団訴訟を2013年に提訴した。現在は本人尋問が行われており、今秋に結審し、来年3月に判決が言い渡される予定。

 福島県郡山市から京都市に避難している原告団共同代表の萩原ゆきみさん(48)は、前橋地裁が津波による事故が予見可能だったと認めた点について、「これまで国の対応は原発事故の避難者の人権を踏みにじるような対応だったので、国の責任が認められて希望になる」と評価した。前橋地裁判決が東電に対し、「経済的合理性を安全性より優先させたと評されてもやむを得ない」と指弾したことに、「もやもやした思いを抱いていたので、判決にそのように書いてくれたのはうれしく思う」と述べた。

 一方で、今回の判決では避難指示区域内に住んでいた原告の多くが棄却され、賠償が認められた人も低額だったとして、萩原さんは「補償を既に受け取っているという理由で棄却された人がいるのには納得がいかない。われわれの命や子孫への影響を考えるとがっかりした」と訴えた。京都訴訟は群馬県の原告が前橋地裁で求めた精神的損害より争点が広い。萩原さんは「転居費用など財産的損害や低線量被ばくによる健康被害への損害賠償も、強く訴えていきたい」と力を込めた。

【 2017年03月17日 23時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      レイクス、遠山HCが退団 バスケBリーグ

      20170525000162

       プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズは25日、ヘッドコーチ(HC)の遠..... [ 記事へ ]

      経済

      相鉄グループが個室簡易型ホテル 京都・四条烏丸で来年秋

      20170525000157

       相模鉄道(横浜市)などを運営する相鉄グループは25日、居室面積を狭めて料金を抑えた新タ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真宗大谷派宗務総長が謝罪 非正規僧侶残業代不払い

      20170525000167

       真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)の2人の非正規僧侶職員に残業代が不払いだった..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高齢化に悩む三和ブドウ栽培、地元高校生が引き継ぐ

      20170525000139

       福知山高三和分校(京都府福知山市三和町)の生徒が、同町特産の「三和ブドウ」の栽培に挑戦..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底に刺さる旧日本海軍の潜水艦
      長崎・五島沖で撮影

      20170525000118

       長崎県・五島列島沖で、旧日本海軍の潜水艦が深さ約200mの海底に突き刺さったように立つ..... [ 記事へ ]

      国際

      英当局、テロ組織網との関係捜査
      爆発物捜索も

      20170525000092

       【ロンドン共同】英中部マンチェスターの自爆テロで、英捜査当局は25日までに家宅捜索を次..... [ 記事へ ]