出版案内
福祉事業団

今なお消えぬ差別と偏見、ハンセン病元患者訴え 京都でシンポ

ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)
ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)

 国の隔離政策など不当な差別で苦しんだハンセン病患者が歩んだ歴史や社会との関わりを考えるシンポジウムが20日、京都市下京区の市下京いきいき市民活動センターで催された。元患者が療養所を退所した後の生活を語り、偏見がなくならない社会の現状を訴えた。

 シンポでは国への訴訟で原告団だった70代の男性が話した。「(入所していた施設では)国の世話になっているのに訴えるとは何事だという反発はきつかった」と振り返り、「今この時代でも白い目で見られ、嫌われる。私はいいが、子どもや孫に差別の被害が及ぶのは怖い」と吐露した。

 故郷の同窓会に出ようとしたら妹に反対されたといい、背景には妹の子どもらの結婚に支障が生じる可能性があることを指摘した。実際に自分の子どもの結婚が破談になった経験も語った。

 その上で、「これがハンセン病の現実。国民に(差別を)植え付けた国の責任は重い」と話した。

 患者の強制隔離を定めた「らい予防法」は1996年に廃止され、2001年には同法の違憲性が裁判で認められた。

 シンポは、NPO法人・崇仁まちづくりの会と京都市が主催した。柳原銀行記念資料館(下京区)で31日まで開かれている企画展に合わせて催した。

【 2017年03月20日 23時00分 】

ニュース写真

  • ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      京都成章、第1代表に 近畿高校ラグビー、大阪桐蔭と両校V

      20170323000167

       ラグビーの近畿高校大会は23日、和歌山市の紀三井寺陸上競技場で決勝が行われ、京都成章は..... [ 記事へ ]

      経済

      清酒の香りを数値化、新技術の純米酒発売 黄桜

      20170323000135

       清酒の香りを正確にコントロールする技術を、清酒大手の黄桜(伏見区)や分析機器の信和化工..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜の二条城・唐門に桜舞う 24日からCG映像投影

      20170323000175

       世界遺産・二条城(京都市中京区)で「二条城桜まつり2017」(24日~4月16日)を開..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      6年間の思い出胸に、巣立ちの春 京都府内公立小で卒業式

      20170323000066

       京都府内の多くの公立小学校で23日、卒業式が行われた。児童が6年間の思い出や中学校生活..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島第1、最大9・4シーベルト
      デブリ撮影できずロボ調査終

      20170323000142

       東京電力は23日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器の底部にたまった高濃度汚染水の中を..... [ 記事へ ]

      国際

      ベルギー北部でも暴走車
      銃と刃物積載、けが人なし

      20170323000186

       【ブリュッセル共同】ベルギー第2の都市、北部アントワープの繁華街で23日、速度を上げた..... [ 記事へ ]