出版案内
福祉事業団

今なお消えぬ差別と偏見、ハンセン病元患者訴え 京都でシンポ

ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)
ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)

 国の隔離政策など不当な差別で苦しんだハンセン病患者が歩んだ歴史や社会との関わりを考えるシンポジウムが20日、京都市下京区の市下京いきいき市民活動センターで催された。元患者が療養所を退所した後の生活を語り、偏見がなくならない社会の現状を訴えた。

 シンポでは国への訴訟で原告団だった70代の男性が話した。「(入所していた施設では)国の世話になっているのに訴えるとは何事だという反発はきつかった」と振り返り、「今この時代でも白い目で見られ、嫌われる。私はいいが、子どもや孫に差別の被害が及ぶのは怖い」と吐露した。

 故郷の同窓会に出ようとしたら妹に反対されたといい、背景には妹の子どもらの結婚に支障が生じる可能性があることを指摘した。実際に自分の子どもの結婚が破談になった経験も語った。

 その上で、「これがハンセン病の現実。国民に(差別を)植え付けた国の責任は重い」と話した。

 患者の強制隔離を定めた「らい予防法」は1996年に廃止され、2001年には同法の違憲性が裁判で認められた。

 シンポは、NPO法人・崇仁まちづくりの会と京都市が主催した。柳原銀行記念資料館(下京区)で31日まで開かれている企画展に合わせて催した。

【 2017年03月20日 23時00分 】

ニュース写真

  • ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      広陵6―1秀岳館
      広陵が競り勝つ

      20170817000049

       広陵が競り勝った。1―1で迎えた七回に平元のスクイズ(記録は内野安打)などで2点を勝ち..... [ 記事へ ]

      経済

      NAFTA再交渉難航も
      メキシコ経済相が懸念

      20170817000009

       【ワシントン共同】メキシコのグアハルド経済相は16日、米国、カナダと結ぶ北米自由貿易協..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「蛇の舞」、闇夜に昇天 滋賀・長浜で神事

      20170817000042

       滋賀県長浜市永久寺町に伝わる雨乞い神事「蛇の舞」(県選択無形民俗文化財)が15日夜、同..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      「イスラム国」増加に懸念
      コソボ巡りセルビア国防相

      20170817000029

       【ベオグラード共同】セルビアのアレクサンダル・ブリン国防相は16日、シリアなどで過激派..... [ 記事へ ]