出版案内
福祉事業団

今なお消えぬ差別と偏見、ハンセン病元患者訴え 京都でシンポ

ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)
ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)

 国の隔離政策など不当な差別で苦しんだハンセン病患者が歩んだ歴史や社会との関わりを考えるシンポジウムが20日、京都市下京区の市下京いきいき市民活動センターで催された。元患者が療養所を退所した後の生活を語り、偏見がなくならない社会の現状を訴えた。

 シンポでは国への訴訟で原告団だった70代の男性が話した。「(入所していた施設では)国の世話になっているのに訴えるとは何事だという反発はきつかった」と振り返り、「今この時代でも白い目で見られ、嫌われる。私はいいが、子どもや孫に差別の被害が及ぶのは怖い」と吐露した。

 故郷の同窓会に出ようとしたら妹に反対されたといい、背景には妹の子どもらの結婚に支障が生じる可能性があることを指摘した。実際に自分の子どもの結婚が破談になった経験も語った。

 その上で、「これがハンセン病の現実。国民に(差別を)植え付けた国の責任は重い」と話した。

 患者の強制隔離を定めた「らい予防法」は1996年に廃止され、2001年には同法の違憲性が裁判で認められた。

 シンポは、NPO法人・崇仁まちづくりの会と京都市が主催した。柳原銀行記念資料館(下京区)で31日まで開かれている企画展に合わせて催した。

【 2017年03月20日 23時00分 】

ニュース写真

  • ハンセン病をめぐる歴史や元患者の社会復帰について考えたシンポジウム(京都市下京区・市下京いきいき市民活動センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      フィギュア、フェルナンデス首位
      欧州選手権開幕

      20180118000002

       【モスクワ共同】フィギュアスケートの欧州選手権は17日、モスクワで開幕し、男子ショート..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時150ドル超高
      米企業決算に期待感

      20180118000004

       【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日と..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      阪神大震災、追悼の鐘響く 京都・法然院で法要

      20180117000154

       阪神大震災から23年を迎えた17日、京都市左京区鹿ケ谷の法然院では、「物故衆生追悼の集..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早く春、児童ら歓喜 京都の公立高付属中で合格発表

      20180117000161

       京都府内の各公立高付属中で17日、2018年度入試の合格発表が行われた。4月に開校する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      雲を捉え台風と豪雨予測
      スパコン京とひまわり8号で

      20180118000001

       スーパーコンピューター「京」を使って気象衛星「ひまわり8号」の観測データを解析し、天気..... [ 記事へ ]

      国際

      バノン氏、聴取に同意か
      大陪審証言は回避とCNN

      20180118000010

       【ワシントン共同】米CNNテレビは17日、トランプ大統領の元側近で前首席戦略官のバノン..... [ 記事へ ]