出版案内
福祉事業団

記録的不漁の琵琶湖、アユ漁獲量回復の兆し

エリから漁船に生きたまま移されたアユ。漁獲量が回復の兆しを見せている(15日、大津市)
エリから漁船に生きたまま移されたアユ。漁獲量が回復の兆しを見せている(15日、大津市)

 記録的な不漁が続いていた琵琶湖のアユ漁に回復の兆しが見え始めている。滋賀県内の活アユの漁獲量は昨年の10分の1以下に激減していたが、4月末から琵琶湖南部を中心に平年並みの水揚げを記録する日が増えてきた。漁業者からは「今季はあきらめるしかない」との声も出ていたが、漁港や釣り人の間に明るいムードが漂い始めた。

 今シーズンの活アユは、昨年12月の解禁から漁獲が低迷。滋賀県漁業協同組合連合会によると、県内のエリ漁の漁獲は、年初から4月27日までの累計が前年同期の28・7トンに対し、2・1トンと激減していた。

 ところが、4月28日に1日で727キロを記録したのを皮切りに、1トンを超える日もみられるなど好調が続いている。15日までの累計は16・6トンと前年の3分の1にまで持ち直した。

 1・6トンの漁獲があった15日は、大津市和邇地区のエリでも、網をたぐってアユを次々と漁船の水槽に移す姿が見られた。志賀町漁協は「例年に比べると水揚げは3分の1程度で小ぶりだが、かなり回復してきた。このまま続いてほしい」と話していた。

 同日は、大津市におの浜4丁目の相模川でも、釣果を上げる釣り人が見られ、週に1回は訪れるという京都市下京区の浅井稔さん(75)は「今は1日に400匹ほど釣れる。今年はもうアユ釣りは無理かと思っていたので、よかった」と話していた。

 県漁連によると、急回復の原因は不明。沖合の魚影が少ないとみられることや、ヤナ漁や追いさで漁の漁獲はまだ少ないなど不安材料もあるといい、「まだ楽観はできない」と動向を注視している。

【 2017年05月16日 11時50分 】

ニュース写真

  • エリから漁船に生きたまま移されたアユ。漁獲量が回復の兆しを見せている(15日、大津市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      表現磨き憧れの舞台へ フィギュア白岩優奈

      20171216000065

       来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子代表選考を兼ねた全日本選手権..... [ 記事へ ]

      経済

      有機EL市場を積極開拓 NISSHAなど京都のメーカー

      20171216000081

       次世代ディスプレーの有機ELがスマートフォンなどに普及する中、写真製版や印刷をルーツと..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真田丸、ちはやふる効果 滋賀の観光客初の5千万人超

      20171216000058

       滋賀県は15日、2016年の観光客数が延べ5076万7300人で、初めて5千万人を突破..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]

      国際

      ソウルの漢江、この冬初の結氷
      平年より29日早く

      20171216000054

       【ソウル共同】韓国気象庁は15日、ソウルの中心を流れる漢江で同日、この冬初めての結氷を..... [ 記事へ ]