出版案内
福祉事業団

佐川印刷元役員、不正流用41億円分も無罪主張 京都地裁公判

 佐川印刷(向日市)の財務担当だった元役員らが巨額の資金を不正流用したとされる事件で、電子計算機使用詐欺罪に問われた元役員湯浅敬二被告(63)と元社員宮口孝被告(63)、知人の建設コンサルタント業村橋郁徳被告(57)の第2回公判が16日、京都地裁(橋本一裁判長)であった。

 これまで起訴された総額計45億5千万円のうち、追起訴された計41億2千万円についての罪状認否が行われ、湯浅被告らは初公判と同様に「佐川印刷グループの投資だった」と無罪を主張し、宮口被告は起訴内容を認めた。

 検察側の冒頭陳述によると、湯浅被告は2007年9月、退社後に自ら事業展開したいと考え、村橋被告が持ち掛けた霊園事業への資金提供に応じ、無断で子会社「エスピータック」(亀岡市)の資金3億5千万円を送金。だが、事業が軌道に乗らず、会社資金で返済し、不正流用が露見しないよう宮口被告が簿外処理したという。

 10年4月には、村橋被告が提案したシンガポールでのサーキット事業で、建設予定地の貸借料などとしてインターネットバンキングを介し計29億円を送金。宗教法人名義の口座に送金した上で簿外処理されたという。さらに同年1月には、佐川印刷の顧問だった男性と共同出資で会社を設立し、11年に南丹市のゴルフ場の買収目的で、計12億2千万円を同社の口座に送金したという。

【 2017年05月16日 23時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      新王者の村田諒太、京都で祝賀会
      「みんなに喜びを」

      20171120000029

       10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級新王者となった2012年ロンドン五輪金メダ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]