出版案内
福祉事業団

ホタルのフラッシュ撮影やめて! 滋賀・守山で呼び掛け

「フラッシュ撮影はやめてください」と書かれた昨年の「守山ほたるパーク&ウォーク」で配られたパンフレット
「フラッシュ撮影はやめてください」と書かれた昨年の「守山ほたるパーク&ウォーク」で配られたパンフレット

 滋賀県守山市の初夏の恒例イベント「守山ほたるパーク&ウォーク」で、スマートフォンなどでフラッシュをたいてホタルを撮影する人が年々増え、実行委員会が頭を悩ませている。今年も20~28日に開催されるが、ホタルの発光に影響するだけでなく、来場者間のトラブルにもなり、「一人一人がルールを守る意識を持って観賞してほしい」という。

 ホタルの生息調査や保護に取り組む認定NPO法人「びわこ豊穣の郷」や守山市などでつくる実行委員会が開き、今年で14回目。JR守山駅から市民運動公園の約3キロの間でホタルの光を楽しめ、市内外から1日平均約6千人が訪れる。

 ホタルは求愛などのために光を発しながら飛び交い、明るい場所や強い光を好まない。イベント中はホタルが飛びやすく、観察がしやすいよう会場一帯の街灯を消し、強い光を出すフラッシュ撮影を禁止している。パンフレットやホームページ上で注意喚起し、会場でスタッフがフラッシュ撮影をしていないか確認する。

 しかし、実行委員長の金﨑いよ子さん(64)は「ここ数年、スマホで誰もが手軽に撮影できるようになり、ルールを守らない人が増えた」と話す。1日で数十件は確認でき、撮影していた人を別の来場者が注意して口論になったり、撮影をしようと立ち止まる人にぶつかって転倒しそうになったりする事例が相次いでいるという。

 今回から、会場を無料で走るシャトルバス「ほたるエコバス」の利用者にフラッシュ撮影は、ホタルだけでなく他の来場者に迷惑がかかることを伝える。金﨑さんは「フラッシュをたいてもホタルの撮影は難しい。実際に目で見て楽しんでほしい」と話す。

【 2017年05月17日 11時45分 】

ニュース写真

  • 「フラッシュ撮影はやめてください」と書かれた昨年の「守山ほたるパーク&ウォーク」で配られたパンフレット
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      貴ノ岩休場で日馬富士不戦勝
      2日連続で結びが不戦に

      20170525000039

       大相撲の東前頭5枚目、貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃..... [ 記事へ ]

      経済

      伸びる住宅ローン残高 京都・滋賀の金融機関、金利引き下げ

      20170525000057

       京都、滋賀の主な金融機関が、住宅ローン残高を伸ばしている。日銀が昨年2月に導入したマイ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      世界のアーティスト、京都で上演 10月に国際舞台芸術祭

      20170524000173

       京都国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT(KEX)2017」の上演ラインア..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車ルール守って、スタントマン事故再現 京都の中学

      20170525000023

       スタントマンによる交通事故の再現を通じて、自転車の安全運転を心掛けてもらう授業が24日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]

      国際

      「反トランプ」デモ1万人
      ブリュッセルで抗議

      20170525000029

       【ブリュッセル共同】トランプ米大統領が北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するた..... [ 記事へ ]