出版案内
福祉事業団

ホタルのフラッシュ撮影やめて! 滋賀・守山で呼び掛け

「フラッシュ撮影はやめてください」と書かれた昨年の「守山ほたるパーク&ウォーク」で配られたパンフレット
「フラッシュ撮影はやめてください」と書かれた昨年の「守山ほたるパーク&ウォーク」で配られたパンフレット

 滋賀県守山市の初夏の恒例イベント「守山ほたるパーク&ウォーク」で、スマートフォンなどでフラッシュをたいてホタルを撮影する人が年々増え、実行委員会が頭を悩ませている。今年も20~28日に開催されるが、ホタルの発光に影響するだけでなく、来場者間のトラブルにもなり、「一人一人がルールを守る意識を持って観賞してほしい」という。

 ホタルの生息調査や保護に取り組む認定NPO法人「びわこ豊穣の郷」や守山市などでつくる実行委員会が開き、今年で14回目。JR守山駅から市民運動公園の約3キロの間でホタルの光を楽しめ、市内外から1日平均約6千人が訪れる。

 ホタルは求愛などのために光を発しながら飛び交い、明るい場所や強い光を好まない。イベント中はホタルが飛びやすく、観察がしやすいよう会場一帯の街灯を消し、強い光を出すフラッシュ撮影を禁止している。パンフレットやホームページ上で注意喚起し、会場でスタッフがフラッシュ撮影をしていないか確認する。

 しかし、実行委員長の金﨑いよ子さん(64)は「ここ数年、スマホで誰もが手軽に撮影できるようになり、ルールを守らない人が増えた」と話す。1日で数十件は確認でき、撮影していた人を別の来場者が注意して口論になったり、撮影をしようと立ち止まる人にぶつかって転倒しそうになったりする事例が相次いでいるという。

 今回から、会場を無料で走るシャトルバス「ほたるエコバス」の利用者にフラッシュ撮影は、ホタルだけでなく他の来場者に迷惑がかかることを伝える。金﨑さんは「フラッシュをたいてもホタルの撮影は難しい。実際に目で見て楽しんでほしい」と話す。

【 2017年05月17日 11時45分 】

ニュース写真

  • 「フラッシュ撮影はやめてください」と書かれた昨年の「守山ほたるパーク&ウォーク」で配られたパンフレット
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      表現磨き憧れの舞台へ フィギュア白岩優奈

      20171216000065

       来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子代表選考を兼ねた全日本選手権..... [ 記事へ ]

      経済

      有機EL市場を積極開拓 NISSHAなど京都のメーカー

      20171216000081

       次世代ディスプレーの有機ELがスマートフォンなどに普及する中、写真製版や印刷をルーツと..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真田丸、ちはやふる効果 滋賀の観光客初の5千万人超

      20171216000058

       滋賀県は15日、2016年の観光客数が延べ5076万7300人で、初めて5千万人を突破..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]

      国際

      ソウルの漢江、この冬初の結氷
      平年より29日早く

      20171216000054

       【ソウル共同】韓国気象庁は15日、ソウルの中心を流れる漢江で同日、この冬初めての結氷を..... [ 記事へ ]