出版案内
福祉事業団

府庁3号館、震度6強で倒壊恐れ 京都、旧本館に仮移転へ

震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが分かった京都府庁3号館(京都市上京区)
震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが分かった京都府庁3号館(京都市上京区)

 京都府教育委員会が入る府庁3号館(京都市上京区)が、震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが、17日分かった。特に3階の耐震性が低く、構造耐震指標(Is値)は0・19しかない。府は今後、3号館を執務スペースとして使わない方針。緊急対策で6月末にも3階を空にして、府庁内の旧本館に仮移転する。

 府議会5月臨時会総務・警察常任委員会で、松本均総務部長が明らかにした。

 府庁3号館は1958年の建築で、鉄筋4階建て、延べ約3700平方メートル。府教委の執務室が入り、約300人が働いている。

 府は昨年8月~今年3月に耐震診断を行った。Is値が0・3未満の建物は、震度6強で倒壊する危険性が高い。教育長室や総務企画課、記者室がある3階は0・19、教職員課や高校教育課がある4階は0・28だった。

 府は、最もIs値が小さい3階から退去し、府庁旧本館の会議室に仮移転させる。1、2、4階も今後、仮移転させる予定だが、移転先は決まっていない。今の3号館は閉所するが、建て替えるか既存施設を活用するかは未定という。

 府庁3号館は、2003年の耐震診断では最小Is値が0・3だった。耐震性の数値が低かったため、昨年の熊本地震を受けた緊急対策で耐震補強工事を行う方針を決定。工事に向けて再度、耐震診断をしたところ、03年の結果を下回ったため、補強工事ではなく抜本対策が必要と判断した。

 府の府有資産活用課は「早急に対策を進めなければならない」としている。

【 2017年05月17日 22時50分 】

ニュース写真

  • 震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが分かった京都府庁3号館(京都市上京区)

2017衆院選 開票速報

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      村田選手「夢じゃない」と笑み
      ボクシング世界新王者

      20171023000104

       世界ボクシング協会(WBA)ミドル級新王者となった2012年ロンドン五輪金メダリストの..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      非公開の千手観音像三尊絵図も 滋賀・近江八幡で特別拝観

      20171023000107

       「西国三十三所草創1300年記念事業」として、滋賀県近江八幡市の2寺院で秋の特別拝観が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、テロ対策を協議
      ASEAN国防相会議

      20171023000072

       【クラーク共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議が23日、フィリピン北部クラ..... [ 記事へ ]