出版案内
福祉事業団

府庁3号館、震度6強で倒壊恐れ 京都、旧本館に仮移転へ

震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが分かった京都府庁3号館(京都市上京区)
震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが分かった京都府庁3号館(京都市上京区)

 京都府教育委員会が入る府庁3号館(京都市上京区)が、震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが、17日分かった。特に3階の耐震性が低く、構造耐震指標(Is値)は0・19しかない。府は今後、3号館を執務スペースとして使わない方針。緊急対策で6月末にも3階を空にして、府庁内の旧本館に仮移転する。

 府議会5月臨時会総務・警察常任委員会で、松本均総務部長が明らかにした。

 府庁3号館は1958年の建築で、鉄筋4階建て、延べ約3700平方メートル。府教委の執務室が入り、約300人が働いている。

 府は昨年8月~今年3月に耐震診断を行った。Is値が0・3未満の建物は、震度6強で倒壊する危険性が高い。教育長室や総務企画課、記者室がある3階は0・19、教職員課や高校教育課がある4階は0・28だった。

 府は、最もIs値が小さい3階から退去し、府庁旧本館の会議室に仮移転させる。1、2、4階も今後、仮移転させる予定だが、移転先は決まっていない。今の3号館は閉所するが、建て替えるか既存施設を活用するかは未定という。

 府庁3号館は、2003年の耐震診断では最小Is値が0・3だった。耐震性の数値が低かったため、昨年の熊本地震を受けた緊急対策で耐震補強工事を行う方針を決定。工事に向けて再度、耐震診断をしたところ、03年の結果を下回ったため、補強工事ではなく抜本対策が必要と判断した。

 府の府有資産活用課は「早急に対策を進めなければならない」としている。

【 2017年05月17日 22時50分 】

ニュース写真

  • 震度6強の地震で倒壊する恐れがあることが分かった京都府庁3号館(京都市上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      アルペン、ヒルシャー左足首骨折
      史上初のW杯総合6連覇

      20170818000004

       オーストリア・スキー連盟は17日、アルペンスキーのワールドカップ(W杯)で昨季史上初の..... [ 記事へ ]

      経済

      女性活躍の職場へ研修拠点 京都に開設、人事制度で提言も

      20170817000158

       女性社員を活用する職場環境の整備や能力開発の方策を学ぶ研修スペース「京都ウィメンズベー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「船渡御」夕暮れの川ゆったり 大津・建部大社の船幸祭

      20170817000167

       大津三大祭りの一つ、建部大社(大津市神領1丁目)の船幸祭(せんこうさい)は17日、本祭..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮「軍事的解決ない」
      バノン首席戦略官

      20170818000006

       【ワシントン共同】トランプ米政権のバノン首席戦略官兼上級顧問は、米左派系雑誌「アメリカ..... [ 記事へ ]