出版案内
福祉事業団

「福島の経験生きず」 高浜再稼働に滋賀への避難者ら

高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)
高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)

 「国や電力会社は、国民に対して、安全に責任を持つ自覚はあるのか」。福島第1原発の事故を受けて福島県相馬市から滋賀県栗東市に避難している佐藤勝十志さん(56)は17日、高浜原発再稼働に危機感を募らせた。

 事故で得意先が移転し、経営していた設備業の継続が難しくなり、抱えた負債で自宅を手放した。現在、訴訟や裁判外紛争解決手続き(ADR)で国や東京電力に賠償や慰謝料を求めているが、家族や自身の体調不良が重なり、日々の暮らしは厳しい。

 それでも「原発や震災を考える一助になれば」と人前で自身の経験を語る。「立地県ではないが原発に近い滋賀は、事故になれば多くの自主避難者が出るのではないか」と不安視する。

 前復興相の「東北で良かった」発言など、今も失望する事態が続く。「あれほどの事故を経験しながら、国民の生活や安全を軽視する姿勢は全く変わっていない。こんな状態で再稼働していいのか」と憂う。

 「あきれはてた。待ってましたとばかりの再稼働で許し難い」。南相馬市から大津市に避難する青田勝彦さん(75)も同日、憤りをあらわにした。大阪高裁が大津地裁決定を覆して再稼働を認めた高浜原発3、4号機の仮処分で申立人に名を連ねた。「地裁決定が示した原発への懸念は何も解決していない」と語気を強める。

 1975年には福島第2原発1号機の設置許可取り消し訴訟の原告となり、最高裁まで争った。「一審の最中にスリーマイルアイランド、二審でチェルノブイリの事故があったが、判決には反映されなかった。今回も福島の経験が生かされていない」と語った。

【 2017年05月18日 09時16分 】

ニュース写真

  • 高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      故竹中、清水の2氏選出 京都野球殿堂

      20170623000091

       京都野球協会はこのほど、野球界に多大な功績を残した地元ゆかりの人物をたたえる「京都野球..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自動車、益子氏が社長退任
      CEOは続投

      20170623000096

       三菱自動車は23日、益子修社長(68)が社長職を退任し、最高経営責任者(CEO)の専任..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      のどかな田園、自転車で楽しんで 京都・和知、レンタル開始

      20170623000061

       観光客に京都府京丹波町和知地域ののどかな田園風景をゆったりと楽しんでもらおうと、同町坂..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      商店街にまちかどキャンパス 福知山公立大、空き店舗活用

      20170623000069

       京都府福知山市はこのほど、福知山公立大の講義や市民講座を行う「まちかどキャンパス」を、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設の試運転公開、福島
      除染廃棄物を分別

      20170622000110

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た廃棄物を保管する中間..... [ 記事へ ]

      国際

      万景峰、赤字続きの運航
      ロ朝航路開設1カ月

      20170623000087

       【ウラジオストク共同】ロシアと北朝鮮を結ぶ初の定期船航路として5月中旬に開設された貨客..... [ 記事へ ]