出版案内
福祉事業団

「福島の経験生きず」 高浜再稼働に滋賀への避難者ら

高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)
高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)

 「国や電力会社は、国民に対して、安全に責任を持つ自覚はあるのか」。福島第1原発の事故を受けて福島県相馬市から滋賀県栗東市に避難している佐藤勝十志さん(56)は17日、高浜原発再稼働に危機感を募らせた。

 事故で得意先が移転し、経営していた設備業の継続が難しくなり、抱えた負債で自宅を手放した。現在、訴訟や裁判外紛争解決手続き(ADR)で国や東京電力に賠償や慰謝料を求めているが、家族や自身の体調不良が重なり、日々の暮らしは厳しい。

 それでも「原発や震災を考える一助になれば」と人前で自身の経験を語る。「立地県ではないが原発に近い滋賀は、事故になれば多くの自主避難者が出るのではないか」と不安視する。

 前復興相の「東北で良かった」発言など、今も失望する事態が続く。「あれほどの事故を経験しながら、国民の生活や安全を軽視する姿勢は全く変わっていない。こんな状態で再稼働していいのか」と憂う。

 「あきれはてた。待ってましたとばかりの再稼働で許し難い」。南相馬市から大津市に避難する青田勝彦さん(75)も同日、憤りをあらわにした。大阪高裁が大津地裁決定を覆して再稼働を認めた高浜原発3、4号機の仮処分で申立人に名を連ねた。「地裁決定が示した原発への懸念は何も解決していない」と語気を強める。

 1975年には福島第2原発1号機の設置許可取り消し訴訟の原告となり、最高裁まで争った。「一審の最中にスリーマイルアイランド、二審でチェルノブイリの事故があったが、判決には反映されなかった。今回も福島の経験が生かされていない」と語った。

【 2017年05月18日 09時16分 】

ニュース写真

  • 高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ヤンキース田中、復帰に闘志
      23日のタイガース戦

      20170821000028

       【ボストン共同】右肩炎症で故障者リスト(DL)に入っているヤンキースの田中将大投手が2..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻想的に重文照らす 滋賀・石塔寺でフェス

      20170820000121

       国内最古の三重石塔で重要文化財「阿育王塔(あしょかおうとう)」などをライトアップする「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]

      国際

      車3台で爆破テロ計画か
      警察、隠れ家遺体特定急ぐ

      20170821000013

       【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の連続テロで、警察当局は20日の記者..... [ 記事へ ]