出版案内
福祉事業団

「福島の経験生きず」 高浜再稼働に滋賀への避難者ら

高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)
高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)

 「国や電力会社は、国民に対して、安全に責任を持つ自覚はあるのか」。福島第1原発の事故を受けて福島県相馬市から滋賀県栗東市に避難している佐藤勝十志さん(56)は17日、高浜原発再稼働に危機感を募らせた。

 事故で得意先が移転し、経営していた設備業の継続が難しくなり、抱えた負債で自宅を手放した。現在、訴訟や裁判外紛争解決手続き(ADR)で国や東京電力に賠償や慰謝料を求めているが、家族や自身の体調不良が重なり、日々の暮らしは厳しい。

 それでも「原発や震災を考える一助になれば」と人前で自身の経験を語る。「立地県ではないが原発に近い滋賀は、事故になれば多くの自主避難者が出るのではないか」と不安視する。

 前復興相の「東北で良かった」発言など、今も失望する事態が続く。「あれほどの事故を経験しながら、国民の生活や安全を軽視する姿勢は全く変わっていない。こんな状態で再稼働していいのか」と憂う。

 「あきれはてた。待ってましたとばかりの再稼働で許し難い」。南相馬市から大津市に避難する青田勝彦さん(75)も同日、憤りをあらわにした。大阪高裁が大津地裁決定を覆して再稼働を認めた高浜原発3、4号機の仮処分で申立人に名を連ねた。「地裁決定が示した原発への懸念は何も解決していない」と語気を強める。

 1975年には福島第2原発1号機の設置許可取り消し訴訟の原告となり、最高裁まで争った。「一審の最中にスリーマイルアイランド、二審でチェルノブイリの事故があったが、判決には反映されなかった。今回も福島の経験が生かされていない」と語った。

【 2017年05月18日 09時16分 】

ニュース写真

  • 高浜原発再稼働を受け、「国や電力会社の姿勢は変わっていない」と話す佐藤さん(滋賀県栗東市下戸山)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      表現磨き憧れの舞台へ フィギュア白岩優奈

      20171216000065

       来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子代表選考を兼ねた全日本選手権..... [ 記事へ ]

      経済

      有機EL市場を積極開拓 NISSHAなど京都のメーカー

      20171216000081

       次世代ディスプレーの有機ELがスマートフォンなどに普及する中、写真製版や印刷をルーツと..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真田丸、ちはやふる効果 滋賀の観光客初の5千万人超

      20171216000058

       滋賀県は15日、2016年の観光客数が延べ5076万7300人で、初めて5千万人を突破..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]

      国際

      ソウルの漢江、この冬初の結氷
      平年より29日早く

      20171216000054

       【ソウル共同】韓国気象庁は15日、ソウルの中心を流れる漢江で同日、この冬初めての結氷を..... [ 記事へ ]