出版案内
福祉事業団

「共謀罪」迫る採決にノーの声 京都・滋賀で集会やデモ

「共謀罪」に反対しデモ行進する参加者たち(18日午後7時25分、京都市中京区・河原町通)
「共謀罪」に反対しデモ行進する参加者たち(18日午後7時25分、京都市中京区・河原町通)

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の衆院法務委員会での採決が迫るなか、法案に反対する市民団体などの抗議活動が18日夕、京都市や大津市で行われた。参加者は「思想の自由を侵す共謀罪法案の強行採決を許すな」などと声を張り上げ、通行人にアピールした。

 下京区の四条通河原町では、京都総評、「市民アクション」などの団体や個人約60人(主催者発表)が集まり、抗議声明を発表した。参加者は近くの仏光寺公園から、横断幕やプラカードを掲げながら「首相は国民の声を聞け」「憲法を守れ」と声を上げ、市役所(中京区)前までの河原町通約1・3キロを行進した。

 デモに参加した中京区の南友佳子さん(37)は「共謀罪は一般市民にも適用される可能性がある。そんな法律を強行採決で決める事は許されない」と訴えた。

 大津市のJR膳所駅前では、弁護士や労働組合関係者らでつくる「憲法を守る滋賀共同センター」の10人が、道行く人にテロ等準備罪の成立阻止を訴えた。

 同センター事務局長の山元大造さん(39)は「平成の治安維持法になる」と危惧し、「市民の日常会話すら監視されかねない。戦前は、同法が市民を弾圧して『戦争反対』を口にすることもできなくなり、戦争に突き進んだ。負の歴史を繰り返してはならない」と呼び掛けた。

【 2017年05月18日 23時00分 】

ニュース写真

  • 「共謀罪」に反対しデモ行進する参加者たち(18日午後7時25分、京都市中京区・河原町通)
  • テロ等準備罪の成立阻止を訴えた「憲法を守る滋賀共同センター」のメンバー(大津市・JR膳所駅前)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      表現磨き憧れの舞台へ フィギュア白岩優奈

      20171216000065

       来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子代表選考を兼ねた全日本選手権..... [ 記事へ ]

      経済

      有機EL市場を積極開拓 NISSHAなど京都のメーカー

      20171216000081

       次世代ディスプレーの有機ELがスマートフォンなどに普及する中、写真製版や印刷をルーツと..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真田丸、ちはやふる効果 滋賀の観光客初の5千万人超

      20171216000058

       滋賀県は15日、2016年の観光客数が延べ5076万7300人で、初めて5千万人を突破..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]

      国際

      ソウルの漢江、この冬初の結氷
      平年より29日早く

      20171216000054

       【ソウル共同】韓国気象庁は15日、ソウルの中心を流れる漢江で同日、この冬初めての結氷を..... [ 記事へ ]