出版案内
福祉事業団

障害男性、和ろうそくの絵付師に 京都の老舗、作品を販売

精神に障害のある男性が手掛けた和ろうそく(京都市中京区)
精神に障害のある男性が手掛けた和ろうそく(京都市中京区)

 精神に障害のある男性によって絵付けされた「和ろうそく」の販売が、このほど京都市中京区の店舗で始まった。3月から絵付け師として働き始め、ほかの職人の作品と同等の出来栄えとなったことから市場に出た。後継者不足が課題の伝統工芸の世界で、障害者が新たな担い手として活躍しようとしている。

 障害者雇用に意欲のある事業者にアドバイザーの派遣などをする京都市の事業を活用し、和ろうそくの老舗「中村ローソク」(本社・伏見区)が雇用した。市内在住の40歳代の男性で、中村ローソクのセレクトショップ「おつかいもの本舗寺町六角店」の2階で絵付け作業に取り組んでいる。細筆で描く根気のいる作業だが、集中力が途切れることなく、絵のバランス感覚に優れているという。

 販売しているのは高さ約12センチ、直径約2センチの2本セット(税抜き1800円)で、ハスと小菊、フジ、シダレザクラの4種類。ほかの絵付け師が手掛けた製品ともに並んでいる。特に年間通じて人気のハス柄は、バランスや細かさから描くのが難しいが、「センスが良く、彼が手掛けるようになっても変わらず売れている」(同店)という。

 田川広一社長(54)は「障害者の作品ではなく、たまたま購入した製品を障害者が手掛けていた、というのが本来の働き方。同様の雇用の形が広がってほしい」と話す。

 商品の問い合わせは同店075(221)1621。不定休。

【 2017年08月11日 12時00分 】

ニュース写真

  • 精神に障害のある男性が手掛けた和ろうそく(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      スピード新種目組み合わせ決まる
      高木菜1組、佐藤が2組

      20180223000143

       【平昌共同】24日に実施されるスピードスケートの新種目、マススタートの1回戦の組み合わ..... [ 記事へ ]

      経済

      プレ金、早帰りできたのは1割
      低空飛行で1年、消費に効果も

      20180223000157

       月末の金曜日に早めの退社を促し、消費を喚起する取り組み「プレミアムフライデー(プレ金)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旅の満足度、京都市が2年連続V 英旅行誌、2位ベネチア

      20180223000090

       英国の人気旅行雑誌「ワンダーラスト」の読者投票で、京都市が旅の満足度を比べる都市別ラン..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都滋賀で1万5千人挑戦 25日、国公立大2次試験

      20180223000138

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      もんじゅ、燃料取り出し7月開始
      廃炉作業の第1段階

      20180223000122

       日本原子力研究開発機構は23日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉作業の第1..... [ 記事へ ]

      国際

      不倫騒動の豪副首相辞任へ
      与党内からも圧力

      20180223000136

       【シドニー共同】オーストラリアのジョイス副首相は23日、26日に副首相のほか、兼務する..... [ 記事へ ]