出版案内
福祉事業団

「青年会館に県有地提供は違法」 大津の市民団体が監査請求

 ホテル旅館業としての収入がある一般財団法人「滋賀県青年会館」(大津市唐橋町、岩永峯一理事長)に県有地を無償提供しているのは実質的に違法な公金支出だとして、市民グループ「滋賀県市民オンブズマン」は10日、2012年度から5年間の土地賃料5811万円を現知事や前知事らが連帯して県に支払うよう求めて住民監査請求した。

 同法人は約4850平方メートルの県有地を無償で借り、青年団や青少年団体の活動拠点として宿泊・研修施設を設けている。

 請求で同グループは、同法人のホテル旅館業に公益性はないと指摘。同法人が特例財団法人から一般財団法人に移行した12年4月当時の報告書などから、青少年育成などの公益事業割合は10・6%で、ホテル旅館業が89・4%を占めているとし、県は12年度からの5年間でホテル旅館業部分の賃料5811万円の徴収を怠ったとした。

 同グループの浅井秀明さん(68)は「青年会館は1977年から本格的にホテル旅館業に移行している。県は少なくとも、一般財団法人に移行した時点で無償提供を改めるべきだった」と話した。当該県有地の減免を所管する県自然環境保全課は「法人の活動は青少年の健全な育成に資すると判断しており、公益性はあり問題ないと考えるが、指摘を受けたので内容は検証したい」としている。

【 2017年08月11日 11時35分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      羽生、右膝「問題ない」
      GP第1戦へモスクワ到着

      20171018000001

       【モスクワ共同】フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)は17日、平昌冬季五輪シーズ..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時2万3千ドル
      米企業の好調決算けん引

      20171017000185

       【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して一時、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      伝統と革新、個性豊かな作品共演 京都で国際交流芸術展

      20171017000141

       国内外で活躍する芸術家の作品を紹介する「国際交流総合展」が17日、京都市左京区の市美術..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      外食産業と連携、食の研究教育拠点目指す 立命大が協定 

      20171017000160

       2018年4月に「食マネジメント学部」をびわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)に新設..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ドングリ少なくクマ出没多発か 滋賀県が注意予測

      20171017000172

       滋賀県は17日、今秋の湖北、湖西地域におけるツキノワグマの出没について「比較的多くなる..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、習新指導部が25日発足
      18日に共産党大会開幕

      20171017000181

       【北京共同】中国共産党の第19回党大会が18日、北京で開幕するのを前に、党大会のスポー..... [ 記事へ ]