出版案内
福祉事業団

所有者不明の空き家、市が売却橋渡し 滋賀・近江八幡

所有権が移転し、業者による更地化が進む土地(滋賀県近江八幡市長光寺町)
所有権が移転し、業者による更地化が進む土地(滋賀県近江八幡市長光寺町)

 滋賀県近江八幡市長光寺町で所有者不明の空き家が約20年間放置されて朽ち果て、同市が家事事件手続法に基づいて土地と建物の所有権移転の橋渡しをしていたことが分かった。市によると、債権者でない自治体の働きかけで所有権移転につながったのは県内で初めてとみられる。所有者不明の空き家対策に悩む他の自治体の注目を集めそうだ。

 近隣住民らによると、空き家は木造平屋で住人の男性は1997年8月に死亡した。草木が生い茂り、建物も次第に傾いて崩れ落ちたため、市に「物騒だ」「何とかしてほしい」と相談したが、担当者は「民事に介入できない」と答えた、という。

 2015年施行の空き家対策特別措置法を受けて、市は環境課や建築課など複数の部署が協力し、空き家の所有者や相続人の有無の調査に乗り出した。男性に家族がいないことは分かったが、固定資産課税台帳や戸籍謄本、不動産登記簿、税務情報からも所有者や相続人を特定できなかった。

 同法に基づく強制代執行の対象となる「特定空き家」に該当するか分からないことから、市は司法による解決を模索。16年3月、家事事件手続法に基づき、大津地検に「相続人の存在、不存在が明らかでない死亡人が発生した」と通知し、これを受けて同地検が大津家裁彦根支部に相続財産管理人の選任を申し立てた。

 管理人選任を知らせる公告や、相続財産の債権者を確認する公告を経て、相続人がいないことが確定。土地と建物が県内の不動産業者に売却され、今月1日に所有権が移転した。現在、同社が重機を使って更地にしている。

 隣家の男性(69)は「7~8年前に瓦も壁も崩れ落ち、仏壇や食器が散乱していた。苦情を言う相手がおらず途方に暮れていた。今後はきちんと管理してもらえるのでほっとした」と喜ぶ。市建築課の栄畑隆夫課長は「手続きに時間はかかったが、解決は喜ばしい。所有者不明の空き家対策として参考になるのではないか」と話している。

【 2017年09月14日 09時00分 】

ニュース写真

  • 所有権が移転し、業者による更地化が進む土地(滋賀県近江八幡市長光寺町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バド、男子単で西本らが予選突破
      ジャパン・オープン

      20170919000210

       バドミントンのジャパン・オープンは19日、東京体育館で開幕し、男子シングルスは昨年の全..... [ 記事へ ]

      経済

      スプリント、Tモバイルと合併か
      ソフトバンク傘下、テレビ報

      20170920000007

       【ニューヨーク共同】米CNBCテレビは19日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の移ろい眺め1200年 東寺五重塔、ドローン撮影

      20170919000083

       京都のランドマークとしてそびえ立つ塔の脇から、ドローンを少しずつ上昇させる。各層の屋根..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      子育てに心理学、理論と実践学ぶ 滋賀・近江八幡

      20170918000101

       子育てのヒントを学ぶ講座「心理学で子育て、生き方を楽しもう」が17日、滋賀県近江八幡市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      卵子の元、ES細胞から作る 京大、マウスで仕組み解明

      20170919000182

       卵子の元となる「卵母細胞」ができるのに必要なビタミンなどを、京都大医学研究科の斎藤通紀..... [ 記事へ ]

      国際

      カラシニコフ氏の銅像除幕
      モスクワ、自動小銃AK47開発

      20170919000189

       【モスクワ共同】世界の紛争地で今日も広く使われ「人類史上、最も多くの人を殺した武器」と..... [ 記事へ ]