出版案内
福祉事業団

水稲管理で国際認証取得 滋賀・安土の4法人

作業所に明記された事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先
作業所に明記された事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先

 滋賀県近江八幡市安土町の四つの農事組合法人でつくるJAグリーン近江老蘇集落営農連絡協議会はこのほど、農産物の生産工程管理を定めた国際認証「グローバルGAP」を水稲で取得した。滋賀県によると、認証規模は174ヘクタールで国内最大級。2020年の東京五輪での食材提供に同認証取得が必要なことから、関係者は「販路開拓につながる」と期待する。

 グローバルGAPは働く人の安全や環境に配慮した項目を300以上にわたり細かく定め、欧州を中心に普及している。協議会は内野営農組合、エコファーム石寺、サン・燦(さん)ファーム、ファームにしおいそで構成され、集落営農に取り組む農家は計332戸。

 国際水準の安全性で農作業中の労災事故を防ごうと、同協議会は14年から取り組みを始めた。項目に基づいて事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先をまとめて作業所に掲げたほか、ほこりを防ぐ作業員用のゴーグルやマスク、救急箱を配備し、農薬保管庫は施錠できるようにした。

 環境項目については、県の指針に沿って琵琶湖への負荷を減らそうと農薬や化学肥料を通常の5割以下で栽培してきたため、特段の支障はなかったという。

 4月の審査を経て、8月上旬に認証を得た。中橋幸治代表(66)は「認証取得はスタートラインにすぎず、事故のないように気を引き締めたい。大豆や麦でも取得を目指しており、老蘇をPRしたい」と話す。

 既に、全国農業協同組合連合会(JA全農)がロンドンで営む和食レストランへのコメ提供が決まったといい、販売戦略を担うJAグリーン近江は「認証取得と生産量を武器に、海外も含めて積極的な販路開拓を心掛ける」としている。

【 2017年10月10日 08時40分 】

ニュース写真

  • 作業所に明記された事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先
  • グローバルGAPの認証を取得した老蘇集落の田んぼ(近江八幡市安土町西老蘇)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      J・トーマスが63で首位発進
      米男子ゴルフ第1日、韓国で

      20171019000131

       米男子ゴルフのCJカップは19日、韓国・済州島のナインブリッジズ(パー72)で第1ラウ..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパーカブ製造国内回帰へ
      ホンダ、熊本で5年ぶり

      20171019000114

       ホンダは19日、二輪車「スーパーカブ」の製造を熊本製作所(熊本県大津町)で再開したと発..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      指揮者と見た「響け!ユーフォ」 物語支える演奏のリアル

      20171019000126

       京都・宇治を舞台に、吹奏楽に青春を懸ける高校生を描く映画「劇場版 響け!ユーフォニアム..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

      20171019000014

       太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析..... [ 記事へ ]

      国際

      中国共産党、規律違反で大量処分
      過去5年で153万人

      20171019000069

       【北京共同】中国の楊暁渡監察相は19日、共産党大会に合わせて北京で記者会見し、習近平指..... [ 記事へ ]