出版案内
福祉事業団

水稲管理で国際認証取得 滋賀・安土の4法人

作業所に明記された事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先
作業所に明記された事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先

 滋賀県近江八幡市安土町の四つの農事組合法人でつくるJAグリーン近江老蘇集落営農連絡協議会はこのほど、農産物の生産工程管理を定めた国際認証「グローバルGAP」を水稲で取得した。滋賀県によると、認証規模は174ヘクタールで国内最大級。2020年の東京五輪での食材提供に同認証取得が必要なことから、関係者は「販路開拓につながる」と期待する。

 グローバルGAPは働く人の安全や環境に配慮した項目を300以上にわたり細かく定め、欧州を中心に普及している。協議会は内野営農組合、エコファーム石寺、サン・燦(さん)ファーム、ファームにしおいそで構成され、集落営農に取り組む農家は計332戸。

 国際水準の安全性で農作業中の労災事故を防ごうと、同協議会は14年から取り組みを始めた。項目に基づいて事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先をまとめて作業所に掲げたほか、ほこりを防ぐ作業員用のゴーグルやマスク、救急箱を配備し、農薬保管庫は施錠できるようにした。

 環境項目については、県の指針に沿って琵琶湖への負荷を減らそうと農薬や化学肥料を通常の5割以下で栽培してきたため、特段の支障はなかったという。

 4月の審査を経て、8月上旬に認証を得た。中橋幸治代表(66)は「認証取得はスタートラインにすぎず、事故のないように気を引き締めたい。大豆や麦でも取得を目指しており、老蘇をPRしたい」と話す。

 既に、全国農業協同組合連合会(JA全農)がロンドンで営む和食レストランへのコメ提供が決まったといい、販売戦略を担うJAグリーン近江は「認証取得と生産量を武器に、海外も含めて積極的な販路開拓を心掛ける」としている。

【 2017年10月10日 08時40分 】

ニュース写真

  • 作業所に明記された事故発生時の対応マニュアルや緊急連絡先
  • グローバルGAPの認証を取得した老蘇集落の田んぼ(近江八幡市安土町西老蘇)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      比嘉が4月15日に防衛戦
      拳四朗とともにV3狙う

      20180219000119

       世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)とWBCラ..... [ 記事へ ]

      経済

      無人店実現へ、自動精算実験
      パナと福岡企業、人手不足に対応

      20180219000111

       パナソニックは19日、ディスカウントストアを運営するトライアルカンパニー(福岡市)と連..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      グンゼ創業者鶴吉の生涯、社員と市民熱演 没後100年で

      20180219000057

       繊維大手グンゼの創業者波多野鶴吉(1858~1918年)が23日で没後100年を迎える..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      契約は慎重、相談は早め…京都、高校生が悪徳商法の対応学ぶ

      20180219000059

       卒業を控えた高校3年生を対象に、契約に関わるトラブルや悪徳商法の被害を防ぐための教室が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ米大統領夫妻にすきま風
      離婚巡り世論を二分

      20180219000114

       【ワシントン共同】トランプ米大統領(71)の過去の不倫疑惑が相次いで浮上し、メラニア夫..... [ 記事へ ]