出版案内
福祉事業団

「子ども置き去り保身、今も」 滋賀いじめ自殺中2遺族が会見

もうすぐ20歳になるはずだった男子生徒のことを問われ、涙をこらえる父親(11日午後1時50分、大津市御陵町・市役所)
もうすぐ20歳になるはずだった男子生徒のことを問われ、涙をこらえる父親(11日午後1時50分、大津市御陵町・市役所)

 滋賀県大津市の中学2年の男子生徒が自殺して6年になった11日、遺族が記者会見し、「いじめ問題が起こっても、いまだに子どもの心を置き去りにして保身に走ったような対応をするケースがある」と、行政や教育関係者の意識改革と対策強化の必要性を訴えた。

 同市御陵町の市役所で会見した男子生徒の父親(52)は「今年もいじめや体罰で命を落としたり学校に行けなくなった子がいなくなったと息子に報告できなかった」と嘆いた。実際に問題が起こっても、いじめ防止対策推進法を曲解したような対応をする行政もあるとして、「息子が命をかけて作った法律。子どもの命を本当に守る法になるまで見守る義務がある」と話した。

 今月25日は男子生徒の誕生日。生きていれば20歳だった。父親は「いろんな世界が彼を待っていたはず。酒も飲めた。一緒に居酒屋にも行けたのに」と言葉を詰まらせた。「命日が近づくと棺おけに入った息子の顔がくっきりと脳裏に浮かぶ」と繰り返し、涙をぬぐった。

 市は事件以降、いじめ担当教員の配置など対策を進め、いじめ認知件数は6年間で約20倍になった。同席した越直美市長は「教員の意識を変えるとともに、問題発見後の対応強化をしていきたい」と決意を述べた。

 先だって男子生徒が自殺を図った午前8時20分に、越市長や市教育委員会職員約50人が黙とうした。

【 2017年10月11日 23時10分 】

ニュース写真

  • もうすぐ20歳になるはずだった男子生徒のことを問われ、涙をこらえる父親(11日午後1時50分、大津市御陵町・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      比嘉が4月15日に防衛戦
      拳四朗とともにV3狙う

      20180219000119

       世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)とWBCラ..... [ 記事へ ]

      経済

      無人店実現へ、自動精算実験
      パナと福岡企業、人手不足に対応

      20180219000111

       パナソニックは19日、ディスカウントストアを運営するトライアルカンパニー(福岡市)と連..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      グンゼ創業者鶴吉の生涯、社員と市民熱演 没後100年で

      20180219000057

       繊維大手グンゼの創業者波多野鶴吉(1858~1918年)が23日で没後100年を迎える..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      契約は慎重、相談は早め…京都、高校生が悪徳商法の対応学ぶ

      20180219000059

       卒業を控えた高校3年生を対象に、契約に関わるトラブルや悪徳商法の被害を防ぐための教室が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ米大統領夫妻にすきま風
      離婚巡り世論を二分

      20180219000114

       【ワシントン共同】トランプ米大統領(71)の過去の不倫疑惑が相次いで浮上し、メラニア夫..... [ 記事へ ]