出版案内
福祉事業団

筧被告「言うことはありません」 青酸殺人事件公判が結審

京都地裁で弁護側の最終弁論を聞く千佐子被告(イラスト)
京都地裁で弁護側の最終弁論を聞く千佐子被告(イラスト)

 向日市などの高齢男性4人に青酸化合物を服用させたとされる連続殺人事件で、殺人罪3件と強盗殺人未遂罪に問われ、死刑を求刑された筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の公判が11日、京都地裁(中川綾子裁判長)であり、結審した。最終意見陳述で被告は「全て弁護士に任せてあり、私から言うことはありません」と、用意した紙を読むにとどまった。弁護側は最終弁論で「千佐子さんは無罪です」と述べた。判決は11月7日。

 裁判は6月26日に始まり、37回目の公判で結審を迎えた。判決までの実審理期間は135日で、裁判員裁判では全国で過去2番目という異例の長期審理となった。出廷した証人は延べ52人に上った。

 弁護側は、検察側の「遺産や金銭の返済を免れるために青酸化合物で毒殺した」との主張に真っ向から対立。殺害を認め、死因や動機などを述べた被告の法廷供述の信用性が争点となった。被告は地裁の鑑定で「軽度の認知症」と指摘された。供述が二転三転するなどしたため、裁判を受ける能力や事件当時の責任能力の有無も争点化した。

 弁護側は最終弁論で、被害者4人の死因や体調異変の理由について「病死や事故、他の薬毒物中毒の可能性は否定できず、間違いなく青酸中毒とは言えない」と批判。被告が青酸化合物をプランターの土中に埋めて業者に廃棄したとする検察側の主張に対しても、第三者による混入の可能性も指摘した。また被告は事件当時すでに認知症を患っていたとして、3事件に関し、「責任能力がないか限定責任能力だった」と述べた。

【 2017年10月11日 23時50分 】

ニュース写真

  • 京都地裁で弁護側の最終弁論を聞く千佐子被告(イラスト)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大谷翔平選手に相次ぐ警戒の声
      同地区の監督が高く評価

      20171213000050

       【レークブエナビスタ(米フロリダ州)共同】米大リーグ球団の幹部や代理人らが一堂に会する..... [ 記事へ ]

      経済

      世界初の香るペチュニア タキイ「ハチミツのように甘く」

      20171213000038

       タキイ種苗(京都市下京区)は、F1品種(1代交雑種)としては世界で初めて香りのするペチ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      プロデューサー今野勉さんに蓮如賞 東山浄苑で授賞式

      20171212000202

       優れたノンフィクション作品をたたえる「第15回蓮如賞」(本願寺文化興隆財団主催)の授賞..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]

      国際

      米朝のバスケット試合を計画
      ロッドマン氏、来年2月

      20171213000001

       【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と親交のある米プロバスケットボールNBAの元..... [ 記事へ ]