出版案内
福祉事業団

筧被告「言うことはありません」 青酸殺人事件公判が結審

京都地裁で弁護側の最終弁論を聞く千佐子被告(イラスト)
京都地裁で弁護側の最終弁論を聞く千佐子被告(イラスト)

 向日市などの高齢男性4人に青酸化合物を服用させたとされる連続殺人事件で、殺人罪3件と強盗殺人未遂罪に問われ、死刑を求刑された筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の公判が11日、京都地裁(中川綾子裁判長)であり、結審した。最終意見陳述で被告は「全て弁護士に任せてあり、私から言うことはありません」と、用意した紙を読むにとどまった。弁護側は最終弁論で「千佐子さんは無罪です」と述べた。判決は11月7日。

 裁判は6月26日に始まり、37回目の公判で結審を迎えた。判決までの実審理期間は135日で、裁判員裁判では全国で過去2番目という異例の長期審理となった。出廷した証人は延べ52人に上った。

 弁護側は、検察側の「遺産や金銭の返済を免れるために青酸化合物で毒殺した」との主張に真っ向から対立。殺害を認め、死因や動機などを述べた被告の法廷供述の信用性が争点となった。被告は地裁の鑑定で「軽度の認知症」と指摘された。供述が二転三転するなどしたため、裁判を受ける能力や事件当時の責任能力の有無も争点化した。

 弁護側は最終弁論で、被害者4人の死因や体調異変の理由について「病死や事故、他の薬毒物中毒の可能性は否定できず、間違いなく青酸中毒とは言えない」と批判。被告が青酸化合物をプランターの土中に埋めて業者に廃棄したとする検察側の主張に対しても、第三者による混入の可能性も指摘した。また被告は事件当時すでに認知症を患っていたとして、3事件に関し、「責任能力がないか限定責任能力だった」と述べた。

【 2017年10月11日 23時50分 】

ニュース写真

  • 京都地裁で弁護側の最終弁論を聞く千佐子被告(イラスト)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      広2―6D(19日)
      DeNA浜口が7回2失点

      20171019000192

       DeNAの新人左腕、浜口が7回を7安打1四球で2失点と力投。128球を投げたが、球威は..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパーカブ、再び国内製造
      ホンダ、熊本で5年ぶり

      20171019000114

       ホンダは19日、二輪車「スーパーカブ」の製造を熊本製作所(熊本県大津町)で再開したと発..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安末期のガラス製水滴発見 京都、国内2例目

      20171019000176

       JR京都駅南側の京都市南区東九条上殿田町の発掘調査で、国内2例目となる平安時代末期のガ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      臨時閣議で州自治権停止を協議へ
      カタルーニャ、新局面

      20171019000188

       【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州(州都バルセロナ)の独立問題で、中央..... [ 記事へ ]