出版案内
福祉事業団

「希望」との差別化、意識せず 立憲民主・福山氏

京都での立憲民主党の選挙戦略を語る福山哲郎幹事長(国会内)
京都での立憲民主党の選挙戦略を語る福山哲郎幹事長(国会内)

 民進党を離党し、リベラル系議員でつくる立憲民主党の幹事長として、衆院選を指揮する福山哲郎参院議員(京都選挙区)が12日までに京都新聞社のインタビューに応じた。「京都では、立憲民主と希望の党の民進出身者で安倍政権に対抗すべき」と強調した。

 -同じ民進から多くの議員が合流した希望の党と、どう違いを打ち出すか。

 「希望との差別化は意識していない。民進や政権を担った民主党で積み重ねた政策、経験をベースに公約をまとめた。全国の民進出身者の立つ小選挙区には対抗馬を擁立していない。あくまで戦う相手は安倍政権だ。無所属の出身者にも連携を呼び掛けている」

 -希望の民進系候補からは、憲法改正などで意見が異なるとの声もある。

 「それは違う。憲法改正の議論から逃げるつもりはない。知る権利や総理の解散権の制約は積極的に議論すべきと考える。一方で、すでに合憲の自衛隊を9条に位置付けるという、安倍首相の筋の悪い改正論にくみするつもりは全くない」

 -京都の小選挙区には候補者を立てていない。比例票獲得の戦略は。

 「私自身は幹事長として全国遊説が中心だが、京都に限れば、比例代表では私を支持してくださる個人・団体に立憲民主への投票を呼び掛け、小選挙区はもともと民進にいた仲間たちへの応援をお願いする。(民進最大の支持団体の)連合との関係も変わらない。京都の比例票は立憲民主と希望を合わせ、昨年の参院選で民進が獲得した20万票を上回る状況をつくるべきだ」

 「断腸の思いで立憲民主へ参加したが、(民進の希望合流を決めた)前原誠司民進代表は苦渋の決断だったと思うし、京都の仲間と方向性が大きく変わったとは思わない」

【 2017年10月12日 23時50分 】

ニュース写真

  • 京都での立憲民主党の選挙戦略を語る福山哲郎幹事長(国会内)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      大リーグ機構、大谷報道で調査へ
      右肘診断結果の情報漏えい

      20171215000040

       【ニューヨーク共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムで米大リーグ、エンゼルスへ..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 システムディ

      20171215000024

       ■運動向け伸び最高収益 主力の大学向け業務支援システムの販売は横ばいだったが、顧客管理..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「エイエイオー」四十七士勇ましく 京都・山科義士まつり

      20171215000031

       大石内蔵助ゆかりの京都市山科区一帯で14日、「山科義士まつり」が開かれた。雪景色の中、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      割れてもくっつくガラス
      自然修復し再利用も

      20171215000008

       割れた破片を互いに押しつけると、断面が自然にくっついて修復する特殊なガラス素材を東京大..... [ 記事へ ]

      国際

      国連報告者に帰還訴える
      ソウルで北朝鮮出身男女

      20171215000059

       【ソウル共同】北朝鮮人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者が14日、訪問先のソウル..... [ 記事へ ]