出版案内
福祉事業団

「滋賀県独自の奨学金支援を」 首長会議、知事は消極的

奨学金の返還支援制度などについて知事や市長らが議論した滋賀県首長会議(近江八幡市・桐原小)
奨学金の返還支援制度などについて知事や市長らが議論した滋賀県首長会議(近江八幡市・桐原小)

 滋賀県知事と県内の市町長が意見交換する県首長会議が14日、近江八幡市の桐原小で開かれ、若者の県内定住に向けて大学の奨学金返還を支援する県の独自制度を求める声が相次いだ。三日月大造知事は財政負担などを理由に「制度創設には消極的だ」との考えを示した。

 平尾道雄米原市長は「大学生の多くは奨学金を借りている。地元では返済できるだけの仕事が少なく、若者が都市部に就職してしまう」と指摘。市独自で給付型奨学金を導入する考えを明らかにした上で、県の支援が必要と訴えた。長浜市長や愛荘町長らも支援制度を求めた。

 三日月知事は財政負担の重さや対象の線引きの難しさを理由に挙げ、「一つの方策だとは思うが、課題が大きい」と述べた。企業の人材確保の観点から制度導入を提案した谷畑英吾湖南市長は「県内の製造業は苦しんでいる。県はお金がかかることはしないのか」と批判した。

 長時間労働が問題となっている教員の働き方改革も議論となり、市町長から部活動指導の負担が重いとして「土日のどちらかは休みにするなど、県が思い切った指針を出すことが大切だ」などの意見が出た。

 先月下旬の台風21号で国が瀬田川洗堰を全閉したことを受け、宮本和宏守山市長は「大戸川ダムを整備すれば全閉を防げる。県として前向きな意思表示をしてほしい」と迫った。三日月知事は「ダムを設置するだけで全閉は回避できない。大戸川流域への効果は一定あり、県として必要な検討をしていく」と述べるにとどめた。

【 2017年11月15日 09時28分 】

ニュース写真

  • 奨学金の返還支援制度などについて知事や市長らが議論した滋賀県首長会議(近江八幡市・桐原小)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      宮原、好調「思い切って」 平昌五輪SP前日の最終調整

      20180220000206

       平昌五輪フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)を翌日に控えた宮原知子(関大..... [ 記事へ ]

      経済

      ウーバー配車、全国展開へ
      20年めど、地域タクと提携

      20180220000188

       来日中の米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      回る音響彫刻、初披露へ 京都で3月、ダンスと共演

      20180220000130

       1970年の大阪万博で展示された「音響彫刻」を基に、京都市立芸術大の学生たちが新たな音..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      住民が開く「寺子屋」好評 滋賀「学校と違う面白さ」

      20180220000092

       滋賀県湖南市内の住民組織「石部南学区まちづくり協議会」が同まちづくりセンター(同市石部..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、口内医療にAI活用構想
      がんや口内炎、虫歯の診療

      20180220000142

       大阪大とNECは20日、人工知能(AI)を用いたデータ解析を、口の中にできるがんや口内..... [ 記事へ ]

      国際

      南アフリカ「世界初」干ばつ危機
      観光地、水供給停止も

      20180220000165

       【ケープタウン共同】南アフリカの主要都市ケープタウンが、数年にわたる干ばつで深刻な水不..... [ 記事へ ]