出版案内
福祉事業団

トライアスロン山本、五輪へ急成長 23歳以下アジア王者

11月に行われたITUトライアスロンワールドカップに出場し、自転車で疾走する山本(宮崎市)
11月に行われたITUトライアスロンワールドカップに出場し、自転車で疾走する山本(宮崎市)

 トライアスロンチーム「AS京都」(京都市南区)で活動する立命大3年の山本康貴が国際大会で力を伸ばしている。今夏にインドネシアで行われたASTCアジア選手権の男子23歳以下の部で優勝し、世界選手権にも出場した。「五輪を目指す」と練習に励む。

 7月のアジア選手権は有力選手によるエリートの部と23歳以下の部が同じコースで同時開催された。山本は有力選手に食らいつき、水泳、バイクで先頭集団に残った。しかし暑さに体力を奪われてランで離され、23歳以下では優勝したが、全体の8番手に終わった。「内容的には良くない、悔しいレースだった」と振り返る。

 向日市在住。3歳から兄弟で水泳を習い、2人の兄は全国高校総体や国体にも出場した。自身は練習が好きになれず、中学1年で水泳をやめた。中学2年になり、親の勧めで始めたトライアスロンも「本気でやるつもりはなかった」。だが、レベルの高いチームの先輩を見ているうちに心に火が付き、練習するほど記録が伸びる面白さにも目覚めた。

 2020年の東京、24年のパリで五輪出場という目標ができた今は「きついことばかりだけど、乗り越えて結果が出れば達成感がある」と語る。課題はランニングの強化。水泳、バイクで疲れた体でもフォームを崩さないようトレーニングを重ねている。目指すのは、リオデジャネイロ五輪で英国に金、銀をもたらしたブラウンリー兄弟のように積極的に前に出るスタイルだ。「みんなから憧れられる選手になりたい」と意気込む。

【 2017年12月25日 08時36分 】

ニュース写真

  • 11月に行われたITUトライアスロンワールドカップに出場し、自転車で疾走する山本(宮崎市)
  • 「五輪を目指したい」と抱負を語る山本
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      平昌五輪代表の宇野ら調整
      四大陸選手権きょう開幕

      20180124000010

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北..... [ 記事へ ]

      経済

      輸入制限に署名、2月発動
      米大統領、対中摩擦激化

      20180124000018

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、輸入急増で米国企業が損害を受けているとして..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]

      国際

      日本、核禁条約参加は可能
      フィン氏、首相会えず失望

      20180124000022

       【ダボス共同】非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリ..... [ 記事へ ]