出版案内
福祉事業団

チケキャン、元社長自ら出品依頼 不正入手認識と供述

チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」のホームページ。閉鎖が決まり、サービス終了の案内が出ている
チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」のホームページ。閉鎖が決まり、サービス終了の案内が出ている

 国内最大手のチケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」で高額転売するため、人気歌手安室奈美恵さんのコンサート入場券を不正に入手したとして、京都府警サイバー犯罪対策課と西京署は11日、詐欺の疑いで、東京都渋谷区の同サイト運営会社「フンザ」の元社長(38)=千代田区=と、大阪市に拠点を置く転売業者グループの33~42歳の男3人を書類送検した。いずれも容疑を認め、元社長は「不正入手されたチケットと知った上で出品を依頼した」と供述しているという。

 府警によると、フンザは多量のチケットを取り扱う転売業者を自社サイトに囲い込むため、手数料を減免するなど優遇。チケットを実際に入手していたのは転売業者だが、元社長自ら業者と頻繁にやりとりしており、府警は笹森元社長に不正入手を積極的に促す意図があり、共犯に問えると判断した。

 フンザの親会社ミクシィは「グループ全体でガバナンス強化を継続して進めるとともに、信頼回復に取り組む」とのコメントを出した。

 書類送検容疑は共謀し、昨年4月10日、都内のチケット販売会社から、規約で禁じられた転売目的を隠した上で、安室さんのコンサートの電子チケット2人分(計1万9600円)を他人名義で購入し、だまし取った疑い。チケットは後日、チケットキャンプで計3万4千円で転売された。

 転売業者グループは2015年春ごろからフンザと取引関係にあった。ジャニーズなど人気のコンサートチケットを大量購入し、高額転売を繰り返していたとみられる。定価の約10倍の値段で取引されたものもあり、約2年半で約32億円の売り上げがあったという。

【 2018年01月12日 09時40分 】

ニュース写真

  • チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」のホームページ。閉鎖が決まり、サービス終了の案内が出ている
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ハンナリーズ、ホームで東京に惜敗 バスケBリーグ

      20180120000131

       Bリーグは20日、ハンナリーズアリーナなどで8試合を行い、西地区2位の京都ハンナリーズ..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、21日に視察団派遣
      平昌五輪、韓国に伝達

      20180120000099

       【ソウル共同】北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪への芸術団派遣に先立ち、20日に予定していた視..... [ 記事へ ]