出版案内
福祉事業団

乗車中事故死者、ベルトで8割助命可能性 滋賀県警分析

 滋賀県内で2017年、乗車中に事故死した人のうち、シートベルトを着用していれば8割が助かっていた可能性のあることが、県警の分析で分かった。前年は約4割で大幅に増えた。県内着用率は全国平均以下となっており、県警は着用の徹底を呼び掛けている。

 県警によると、17年は車に乗って事故死した21人中、11人がシートベルト非着用だった。内訳は運転席6人、助手席3人、後部座席2人で、県警が事故状況を分析したところ、うち9人が着用していれば胸部や腹部を強打したり、車外に投げ出されたりせずに一命を取り留めた可能性があった。16年は44・4%、15年は84・6%、14年は66・7%、13年は50%だった。

 警察庁と日本自動車連盟(JAF)が実施した17年の全国調査では、滋賀は一般道でのシートベルト着用率が運転席98・2%(全国38位)、助手席94・2%(同34位)といずれも全国平均を下回った。後部座席は全国平均を上回る44・6%(同9位)だった。

 県警交通企画課は「救える命があると着用の重要性を訴え、徹底を推進していく」としている。

【 2018年01月12日 17時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      J2横浜FCが松井大輔獲得へ
      元日本代表MF

      20180120000130

       J2横浜FCが、ポーランド2部リーグのオドラ・オポーレから元日本代表MFの松井大輔(3..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、21日に視察団派遣
      平昌五輪、韓国に伝達

      20180120000099

       【ソウル共同】北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪への芸術団派遣に先立ち、20日に予定していた視..... [ 記事へ ]