出版案内
福祉事業団

全国唯一「魚アラ再資源化」挫折 京都、赤字続き施設廃止へ

京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)
京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)

 京都市は、自治体が直営する魚アラの再資源化施設としては全国で唯一の「京都市魚(うお)アラリサイクルセンター」(伏見区横大路)を2018年度末で廃止する方針を決めた。ごみ削減に向け、魚のアラを家畜飼料用の魚粉などにリサイクルして販売してきたが、近年は赤字が続いていた。「市外の民間事業者に任せられる環境になったため」(環境政策局)としているが、約21億円かけて整備した施設が10年余りで役目を終えることに見通しの甘さを指摘する声もある。

 市によると、市内の市場やスーパーなどから排出される魚の頭や骨などのアラは、1975年ごろまで複数の民間事業者が処理施設を操業していた。しかし悪臭対策が不十分で近隣住民から苦情が寄せられていたほか、安い魚粉の輸入も増加し、約30年前に経営破綻が続出した。

 市は1995年に市内唯一となっていた民間施設を買収して悪臭対策を進め、魚アラの排出事業者、収集運搬業者、地元代表らの協議会による運営に転換させた。老朽化を受けて2008年に市が直営施設に建て替えた。ところが直後に機械の不調が続き、53日間操業停止となり、対策工事に9千万円かかった。

 市によると、年9900トンの処理能力に対して近年の搬入量は4500トンほどで推移し、収支は毎年1億~2億円の赤字が続いていた。

 市は、今後改修経費が必要になることや魚粉価格の安定で大阪などの民間事業者への搬入が可能になったとして、廃止を決めた。施設や跡地の活用法は未定。

 市議会には、計画段階の投資効果などの見方を疑問視する意見もある。市施設管理課は「アラを市内で処理するために運営を続けてきたが、状況が変わった。今後は市内での収集などに関する仕組みを関係業者と構築したい」としている。

【 2018年01月13日 08時40分 】

ニュース写真

  • 京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、日本3連勝で1位通過
      U―23アジア選手権

      20180116000156

       【江陰(中国)共同】サッカーのU―23(23歳以下)アジア選手権第8日は16日、中国の..... [ 記事へ ]

      経済

      資生堂が女子高生と商品開発
      新ブランド、雑貨や文具などで

      20180116000145

       資生堂は16日、商品やサービスの開発に女子高校生と取り組む新ブランド「POSME(ポス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ディラン氏受賞は「民衆の歌を評価」 歌手・中川五郎さん

      20180116000056

       同志社大出身のフォークシンガー、中川五郎さん(68)が音楽活動50周年を迎え、これまで..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ナマズのミイラ初展示 京都外大、エジプトで収集

      20180116000108

       イスラム文化圏や中南米の資料を収蔵する京都市右京区西院笠目町の京都外国語大国際文化資料..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      イプシロン18日打ち上げ
      民間の地球観測衛星搭載

      20180116000090

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、小型の固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を..... [ 記事へ ]

      国際

      首都認定に対抗策示せず
      パレスチナ、限界を露呈

      20180116000151

       【エルサレム共同】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受けて..... [ 記事へ ]