出版案内
福祉事業団

琵琶湖の外来魚釣り名人認定通年化 滋賀県、回収量増加で

ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)

 滋賀県は、琵琶湖で外来魚を釣り上げた実績に応じて段位を認定する「外来魚釣り上げ名人事業」を本年度から通年実施する。初めて行った昨年度は8カ月間で5人の名人が誕生し、外来魚の回収量が全体で3割増える効果があった。3年連続で名人になれば「殿堂入り」とする新制度も設け、広く参加を呼び掛けている。

 名人事業は、釣り上げたブラックバスとブルーギルの重さを毎月県に自己申告してもらう。総重量に応じて初段から名人まで10階級に分けて認定証を授与する。

 16年度は昨年5月から12月末までに、個人と団体の2部に87人が参加。計3・7トンを釣り上げたという。計300キロ以上は名人に認定し、最高は1人で計570キロを記録したという。

 釣り場にある専用の回収ボックスの外来魚が、一般の釣り人も含めて15年度の14・4トンから18・6トンに増える成果もあり、県は継続実施を決めた。

 本年度は通年化に合わせ、名人の基準を460キロ以上に引き上げ、個人と団体の区別をなくした。初段の基準を30キロ以上から10キロ以上に下げ、小学生など初心者も参加しやすいようにした。殿堂入りした釣り人には知事が感謝状を贈る予定だ。

 県琵琶湖政策課は「より多くの釣り人を応援できるように制度を見直した。小学生にもたくさん参加してもらい、名人を目指してほしい」としている。

 参加は無料で、登録が必要。バネ式計量器の貸し出しも行う。同課TEL077(528)3485。

【 2017年04月21日 11時00分 】

ニュース写真

  • ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      厚木基地騒音、来月4日提訴へ
      第5次訴訟、住民ら結団式

      20170722000077

       米軍と海上自衛隊が共同使用する厚木基地(神奈川県)の騒音被害を巡り、周辺住民らが国に夜..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      滋賀レイクス、デニス新HCに聞く バスケBリーグ

      20170722000102

       バスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズが、ショーン・デニス新ヘッドコーチ(H..... [ 記事へ ]

      経済

      全農、三越伊勢丹前会長を起用へ
      経営管理委員会

      20170722000047

       全国農業協同組合連合会(JA全農)が、経営を監督する経営管理委員会のメンバーに、三越伊..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山鉾町 激変の半世紀 祇園祭、「商」「住」変遷

      20170722000105

       祇園祭の山鉾町は、半世紀の間に激変した。木造家屋からビルへといった景観の変化だけではな..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「福島の子、着実に成長」 京都の支援者ら中学生に語る

      20170721000060

       原発事故があった福島県への支援を続ける京都府向日市のボランティア団体「ミンナソラノシタ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]