出版案内
福祉事業団

琵琶湖の外来魚釣り名人認定通年化 滋賀県、回収量増加で

ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)

 滋賀県は、琵琶湖で外来魚を釣り上げた実績に応じて段位を認定する「外来魚釣り上げ名人事業」を本年度から通年実施する。初めて行った昨年度は8カ月間で5人の名人が誕生し、外来魚の回収量が全体で3割増える効果があった。3年連続で名人になれば「殿堂入り」とする新制度も設け、広く参加を呼び掛けている。

 名人事業は、釣り上げたブラックバスとブルーギルの重さを毎月県に自己申告してもらう。総重量に応じて初段から名人まで10階級に分けて認定証を授与する。

 16年度は昨年5月から12月末までに、個人と団体の2部に87人が参加。計3・7トンを釣り上げたという。計300キロ以上は名人に認定し、最高は1人で計570キロを記録したという。

 釣り場にある専用の回収ボックスの外来魚が、一般の釣り人も含めて15年度の14・4トンから18・6トンに増える成果もあり、県は継続実施を決めた。

 本年度は通年化に合わせ、名人の基準を460キロ以上に引き上げ、個人と団体の区別をなくした。初段の基準を30キロ以上から10キロ以上に下げ、小学生など初心者も参加しやすいようにした。殿堂入りした釣り人には知事が感謝状を贈る予定だ。

 県琵琶湖政策課は「より多くの釣り人を応援できるように制度を見直した。小学生にもたくさん参加してもらい、名人を目指してほしい」としている。

 参加は無料で、登録が必要。バネ式計量器の貸し出しも行う。同課TEL077(528)3485。

【 2017年04月21日 11時00分 】

ニュース写真

  • ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      核なき世界へ条約批准訴え
      被爆地、日本ら不参加国に抗議

      20170920000242

       米ニューヨークの国連本部で核兵器禁止条約の署名式が開かれた20日、広島、長崎の被爆者ら..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      楽4―8オ(20日)
      金子が12勝目

      20170920000245

       オリックスが快勝した。三回に安達の適時打で1点を先制。4―1の七回にロメロの3ラン、八..... [ 記事へ ]

      経済

      電柱わしづかみ、地中に差し込み設置 JR西が新車両開発

      20170920000202

       大型のアーム(腕)で電柱をわしづかみにし、そのまま地中に差し込める専用車両「電柱ハンド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ネット犯罪から子ども守れ 京都府警がPTA指導

      20170920000199

       子どもを狙ったインターネットの犯罪について考える講座が20日、京都市中京区の京都アスニ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞予想に宮坂氏を選定
      次世代太陽電池を開発

      20170920000235

       米情報会社クラリベイト・アナリティクスは20日、将来ノーベル賞を受賞する可能性が高い研..... [ 記事へ ]