出版案内
福祉事業団

新スーパー開店、にぎわい再び 大津中心部、商店街に店戻る

開店を待ちわび、列をつくる買い物客ら(大津市長等2丁目)
開店を待ちわび、列をつくる買い物客ら(大津市長等2丁目)

 大津市長等2丁目の菱屋町商店街にこのほど、平和堂の食品スーパー「フレンドマート大津なかまち店」がオープンした。新たな核となる商業施設の誕生に、開店前から大勢の買い物客が列をつくった。市の中心市街地にある同商店街の加盟店主らは「かつてのにぎわいが戻る」と期待を寄せている。

 同商店街によると、西友大津店が2015年4月に閉店した後、通行者が3分の1に落ち込み、加盟店舗もピーク時の50店舗から一時は33店舗まで減ったという。

 周辺の商店街も影響を受けた。15年1月に発足したまちづくり会社「百町物語」は、近隣商店街の空き店舗に有名洋菓子店など9店舗を誘致したが、開店時期と西友大津店の閉店時期が重なり、にぎわいは鈍った。

 しかし、15年8月に商店街や百町物語、大津商工会議所などの要請を受けた平和堂が西友跡地にスーパー出店を表明すると状況は一変。菱屋町商店街振興組合の寺田武彦理事長(64)は「フレンドマートの出店で加盟店が40店舗まで持ち直した。ほかにも打診があり、ピーク時の50店舗までテナントがほぼ埋まりそう」と語る。

 この日、開店時刻の午前9時半前には大勢の住民が列をなした。近所の主婦中川美代さん(68)は「この2年間は、買い物難民のような気分だった。近くにスーパーがあるのは幸せ」と喜んだ。平和堂の平松正嗣社長は「開店前から『頑張って』という声を数多くいただいてきた。期待に応えていきたい」と気を引き締めた。

【 2017年09月11日 09時07分 】

ニュース写真

  • 開店を待ちわび、列をつくる買い物客ら(大津市長等2丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      山口組総本部を家宅捜索、警視庁
      直系組長のヤミ金融事件

      20180120000062

       ヤミ金融を営んでいたとして指定暴力団山口組の2次団体「章友会」会長松岡錠司容疑者(50..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      上原投手「もう1年メジャーで」
      マイナーなら引退の意向

      20180120000077

       米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)となり、移籍先が決まっていない上原浩治..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホで口座開設、京都中信が専用アプリ 22日から

      20180120000076

       京都中央信用金庫は、スマートフォンで口座開設などができる専用アプリを開発し、22日から..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の力作ずらり 京都・北野天満宮で書き初め審査

      20180120000050

       能書で知られた菅原道真を祭る京都市上京区の北野天満宮で19日、正月に書道上達を願って奉..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      分校生徒大忙し、米こうじ作りピーク 京都・綾部

      20180120000039

       京都府立綾部高校の生徒による同高名物の米こうじ作りが、綾部市川糸町の同高東分校でピーク..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]