出版案内
福祉事業団

3本脚の猟犬、シカ追いに活躍 京都・福知山

後ろ脚1本を失った狩猟犬ゴン(右)と龍馬を連れ、猟に向かう下元さん=福知山市大門
後ろ脚1本を失った狩猟犬ゴン(右)と龍馬を連れ、猟に向かう下元さん=福知山市大門

 イノシシ猟で後ろ脚1本を失ったビーグル犬「ゴン」が、京都府福知山市で元気に活動している。山裾の集落がシカ害に頭を痛める中、「追い払い犬」として期待されている。後輩の狩猟犬「龍馬」の指導役も担い、飼い主の猟師下元照男さん(68)=同市大門=が、訓練に力を入れている。

 5歳の雄のゴンは3年前、兵庫県丹波市での猟の最中にイノシシにかまれ、右後ろ脚の付け根から先を失った。ビーグル犬で2歳の龍馬を一人前の猟犬にしようと育てる下元さんは昨年6月、シカ追いの指導役として丹波市の知人の猟師から譲り受けた。

 ゴンは人懐っこく、龍馬はおおらかな性格で、2匹は早速、兄弟のように仲良しに。ゴンは走るスピードが一般の猟犬より遅いため、龍馬がついていきやすく、「背中」で龍馬にシカ追いの方法を伝授しているように見えるという。

 昨年11月中旬の猟期以降、週2回ほど自宅周辺の山でシカ狩りに参加。ゴンが鋭い嗅覚でシカを見つけると、龍馬が勢いよく追い詰め、下元さんが猟銃で仕留める。「2匹のコンビネーションは抜群。山に入るたびにシカ追いの技術が上がっている」と目を細める。

 地元の集落は獣害防止の柵の整備が不十分で、頻繁にやって来るシカに、田畑や家庭の農作物が食べられてしまう状況。住民らは「シカから集落を守ってほしい」と、2匹に大きな期待をかける。

 下元さんは、毎日2匹を山に放つことを目指し、熱心に訓練を重ねる。「シカにとって犬は天敵で、ほえられると怖がる。シカを集落から遠ざける追い払い犬として活躍してほしい」と話す。

【 2017年01月11日 21時00分 】

ニュース写真

  • 後ろ脚1本を失った狩猟犬ゴン(右)と龍馬を連れ、猟に向かう下元さん=福知山市大門
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      前原氏、地元・京都で勝利誓う 民進代表選へ決起集会

      20170817000163

       民進党代表選(21日告示、9月1日投開票)に立候補を表明している前原誠司元外相(衆院京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アルペン、ヒルシャー左足首骨折
      史上初のW杯総合6連覇

      20170818000004

       オーストリア・スキー連盟は17日、アルペンスキーのワールドカップ(W杯)で昨季史上初の..... [ 記事へ ]

      経済

      女性活躍の職場へ研修拠点 京都に開設、人事制度で提言も

      20170817000158

       女性社員を活用する職場環境の整備や能力開発の方策を学ぶ研修スペース「京都ウィメンズベー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮「軍事的解決ない」
      バノン首席戦略官

      20170818000006

       【ワシントン共同】トランプ米政権のバノン首席戦略官兼上級顧問は、米左派系雑誌「アメリカ..... [ 記事へ ]