出版案内
福祉事業団

史上初、天台座主が知恩院と西本願寺で法要 2月、京都

 天台宗総本山・延暦寺(大津市)は2月、森川宏映座主(91)を導師に、浄土宗総本山・知恩院(京都市東山区)と、浄土真宗本願寺派本山・西本願寺(下京区)で法要を営む。延暦寺によると、天台宗最高位の座主が両寺で法要を営むのは史上初という。

■浄土教の祖、源信の千年遠忌で

 昨年、日本の浄土教の祖で平安時代の延暦寺僧侶、恵心僧都源信(942~1017年)の千年遠忌を迎えたのに合わせ、浄土系寺院を代表する両寺院で法要を営むことにした。2月14日に西本願寺阿弥陀堂で、同17日に知恩院法然上人御堂(集会堂)で行い、希望者は自由に参拝できる。

 延暦寺のある比叡山は鎌倉仏教の祖師たちが学んだ“母なる山”と言われる。浄土宗を開いた法然(1133~1212年)も、浄土真宗の宗祖親鸞(1173~1262年)も比叡山で学び、山を下りた後にそれぞれの教えを開いた。

 この2人に大きな影響を与えたのが源信だった。極楽往生を説いて浄土教の理論を記した源信の主著「往生要集」は、法然が、7世紀の唐の僧善導の浄土思想を知る契機ともなった。親鸞は、その法然に教えを請うた。西本願寺では、親鸞が定めた「七高僧」の6番目が源信で、親鸞の言葉を歌にした「正信偈(しょうしんげ)」にも「源信」の名前が登場するなど門信徒になじみがある。

 一方で、延暦寺は法然率いる教団に対して専修念仏の停止を求め、法然の廟(びょう)所を破壊して骨を鴨川に流そうとしたと伝わる。室町時代の1465(寛正6)年には、本願寺と本願寺8世蓮如を仏敵と名指しし、本願寺(大谷本願寺)を破壊した。

 源信の千年遠忌の昨年、浄土宗と西本願寺は延暦寺で法要を営んだ。今回は、三つの寺院が祖師たちの浄土教の系譜を縁に手を携える。延暦寺教化部長の小鴨覚俊副執行(48)は「念仏に対する考え方はそれぞれ異なるが、宗派の枠を超え、現代社会にともに向き合うきっかけとしたい。人々の平和と幸せを願いたい」と話す。

【 2017年01月12日 08時35分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      山口組総本部を家宅捜索、警視庁
      直系組長のヤミ金融事件

      20180120000062

       ヤミ金融を営んでいたとして指定暴力団山口組の2次団体「章友会」会長松岡錠司容疑者(50..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      上原投手「もう1年メジャーで」
      マイナーなら引退の意向

      20180120000077

       米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)となり、移籍先が決まっていない上原浩治..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホで口座開設、京都中信が専用アプリ 22日から

      20180120000076

       京都中央信用金庫は、スマートフォンで口座開設などができる専用アプリを開発し、22日から..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      分校生徒大忙し、米こうじ作りピーク 京都・綾部

      20180120000039

       京都府立綾部高校の生徒による同高名物の米こうじ作りが、綾部市川糸町の同高東分校でピーク..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      キルギス伝統帽子の着用は義務?
      議会に法案、賛否両論

      20180120000072

       【モスクワ共同】中央アジアのキルギスで、大統領や首相、スポーツ選手らに外国訪問時や公的..... [ 記事へ ]