出版案内
福祉事業団

2年前発見の伏見城石垣跡、大名屋敷の可能性 京都

2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)

 2015年に京都市伏見区で見つかり、豊臣秀吉が築いた初期の伏見城(指月(しげつ)城)とみられていた石垣と堀跡が、地震で倒壊後の指月城跡に建てられた大名屋敷の石垣だった可能性が出てきた。民間発掘調査会社が発表後、西側でより深い堀跡や石垣を新たに発見。市文化財保護課は「発表された石垣は、指月城の堀を埋め立てた上に設けられた」とみて、実像解明に向けたさらなる調査の必要性を強調する。

 指月城は、秀吉が1592年、指月の丘に隠居所として整備を始めた。途中、天守など拡張整備したが、96年の慶長伏見地震で倒壊。北東の木幡山に後期の伏見城を設け、指月城一帯は大名屋敷エリアになった。

 発掘調査会社が15年6月、伏見区桃山町泰長老で、南北36メートルにわたる石垣と堀を発見。周囲で金箔(きんぱく)瓦が見つかり、指月城の遺構とみられる、と発表した。

 その後に掘り進めたところ、発表された石垣の下から造成の盛り土と金箔瓦を確認。石垣の約6メートル西側で、盛り土の下から、石垣の基礎部分より少なくとも2・4メートル以上深い堀と上部の崩れた別の石垣が見つかった。調査に立ち会った市文化財保護課は、西側の石垣が指月城の遺構だと推測する。同課は「伏見城は短期間で大規模な改修・移築を繰り返し、史料も乏しい。遺構の時期の特定は非常に困難。新たな発見があるたび、検討を繰り返して実像に迫るしかない」としている。

 最新の発掘成果は18日に始まる市考古資料館(上京区)の特別展示「伏見城と淀城」で紹介される。月曜休館。無料。

【 2017年02月17日 22時30分 】

ニュース写真

  • 2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      復旧に向け土砂撤去開始
      けが6人に、岐阜の中央道

      20170819000012

       車4台を巻き込んだ岐阜県瑞浪市の中央自動車道での土砂崩れで、中日本高速道路は19日、現..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      滋賀のお家芸久々に存在感 インターハイ・ボート男子

      20170819000070

       今月、宮城県であった全国高校総体(インターハイ)ボート男子のシングルスカルで、瀬田工業..... [ 記事へ ]

      経済

      学術無線LAN、京都の旅館で 宿泊施設導入は国内初

      20170819000032

       京都市中京区の旅館こうろは18日、国内外の教育・研究機関で利用されている無線LANの相..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・八木中学の美化活動を表彰 日本観光振興協会

      20170819000054

       京都南丹市花火大会終了後の清掃活動に毎年取り組んでいる京都府南丹市八木町の八木中が、日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2A打ち上げへ最終準備
      衛星みちびき搭載

      20170819000040

       政府の人工衛星「みちびき3号機」を搭載したH2Aロケット35号機の打ち上げに向け、三菱..... [ 記事へ ]

      国際

      韓流スター2人が除隊
      ソウル、ファンら歓声

      20170818000179

       【ソウル共同】韓国のアイドルグループ「東方神起」のチャンミンさん(29)と「SUPER..... [ 記事へ ]