出版案内
福祉事業団

2年前発見の伏見城石垣跡、大名屋敷の可能性 京都

2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)

 2015年に京都市伏見区で見つかり、豊臣秀吉が築いた初期の伏見城(指月(しげつ)城)とみられていた石垣と堀跡が、地震で倒壊後の指月城跡に建てられた大名屋敷の石垣だった可能性が出てきた。民間発掘調査会社が発表後、西側でより深い堀跡や石垣を新たに発見。市文化財保護課は「発表された石垣は、指月城の堀を埋め立てた上に設けられた」とみて、実像解明に向けたさらなる調査の必要性を強調する。

 指月城は、秀吉が1592年、指月の丘に隠居所として整備を始めた。途中、天守など拡張整備したが、96年の慶長伏見地震で倒壊。北東の木幡山に後期の伏見城を設け、指月城一帯は大名屋敷エリアになった。

 発掘調査会社が15年6月、伏見区桃山町泰長老で、南北36メートルにわたる石垣と堀を発見。周囲で金箔(きんぱく)瓦が見つかり、指月城の遺構とみられる、と発表した。

 その後に掘り進めたところ、発表された石垣の下から造成の盛り土と金箔瓦を確認。石垣の約6メートル西側で、盛り土の下から、石垣の基礎部分より少なくとも2・4メートル以上深い堀と上部の崩れた別の石垣が見つかった。調査に立ち会った市文化財保護課は、西側の石垣が指月城の遺構だと推測する。同課は「伏見城は短期間で大規模な改修・移築を繰り返し、史料も乏しい。遺構の時期の特定は非常に困難。新たな発見があるたび、検討を繰り返して実像に迫るしかない」としている。

 最新の発掘成果は18日に始まる市考古資料館(上京区)の特別展示「伏見城と淀城」で紹介される。月曜休館。無料。

【 2017年02月17日 22時30分 】

ニュース写真

  • 2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      森友学園、業者「刺激臭ひどく」
      小学校用地のごみ撤去

      20170226000094

       大阪府豊中市の国有地を、学校法人「森友学園」(大阪市)が小学校建設用地として評価額より..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      複合団体、日本は前半2位
      世界ノルディック第5日

      20170226000098

       【ラハティ(フィンランド)共同】ノルディックスキーの世界選手権第5日は26日、フィンラ..... [ 記事へ ]

      経済

      小型クロマグロ豊漁も困惑 京都府、他の魚揚げられず

      20170226000017

       京都府内の定置網漁による太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が2月に急増し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      難聴高校生の授業支え 教員の声、タブレットで文字に

      20170226000054

       障害者差別解消法施行を受け、京都府教育委員会は昨秋から、聴覚に障害のある高校生への支援..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「核燃料取り出しへ本腰」
      事故6年を前に東電幹部

      20170226000067

       東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者が26日までに共同通信のインタビ..... [ 記事へ ]

      国際

      朴氏、最終弁論欠席の意向
      厳しい質問回避か

      20170226000089

       【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領の弁護団は26日、朴氏の罷免の可否を判断する弾劾審判で..... [ 記事へ ]