出版案内
福祉事業団

2年前発見の伏見城石垣跡、大名屋敷の可能性 京都

2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)

 2015年に京都市伏見区で見つかり、豊臣秀吉が築いた初期の伏見城(指月(しげつ)城)とみられていた石垣と堀跡が、地震で倒壊後の指月城跡に建てられた大名屋敷の石垣だった可能性が出てきた。民間発掘調査会社が発表後、西側でより深い堀跡や石垣を新たに発見。市文化財保護課は「発表された石垣は、指月城の堀を埋め立てた上に設けられた」とみて、実像解明に向けたさらなる調査の必要性を強調する。

 指月城は、秀吉が1592年、指月の丘に隠居所として整備を始めた。途中、天守など拡張整備したが、96年の慶長伏見地震で倒壊。北東の木幡山に後期の伏見城を設け、指月城一帯は大名屋敷エリアになった。

 発掘調査会社が15年6月、伏見区桃山町泰長老で、南北36メートルにわたる石垣と堀を発見。周囲で金箔(きんぱく)瓦が見つかり、指月城の遺構とみられる、と発表した。

 その後に掘り進めたところ、発表された石垣の下から造成の盛り土と金箔瓦を確認。石垣の約6メートル西側で、盛り土の下から、石垣の基礎部分より少なくとも2・4メートル以上深い堀と上部の崩れた別の石垣が見つかった。調査に立ち会った市文化財保護課は、西側の石垣が指月城の遺構だと推測する。同課は「伏見城は短期間で大規模な改修・移築を繰り返し、史料も乏しい。遺構の時期の特定は非常に困難。新たな発見があるたび、検討を繰り返して実像に迫るしかない」としている。

 最新の発掘成果は18日に始まる市考古資料館(上京区)の特別展示「伏見城と淀城」で紹介される。月曜休館。無料。

【 2017年02月17日 22時30分 】

ニュース写真

  • 2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      年賀状の受け付けが開始
      元日配達は25日までに

      20171215000052

       2018年の年賀状の配達受け付けが15日、全国一斉に始まった。来年1月2日は配達せず、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ機構、大谷報道で調査へ
      右肘診断結果の情報漏えい

      20171215000040

       【ニューヨーク共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムで米大リーグ、エンゼルスへ..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 システムディ

      20171215000024

       ■運動向け伸び最高収益 主力の大学向け業務支援システムの販売は横ばいだったが、顧客管理..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      割れてもくっつくガラス
      自然修復し再利用も

      20171215000008

       割れた破片を互いに押しつけると、断面が自然にくっついて修復する特殊なガラス素材を東京大..... [ 記事へ ]

      国際

      国連報告者に帰還訴える
      ソウルで北朝鮮出身男女

      20171215000059

       【ソウル共同】北朝鮮人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者が14日、訪問先のソウル..... [ 記事へ ]