出版案内
福祉事業団

「勝つ鳥」で縁起かつぎ 滋賀・彦根、小さな神社にぎわう

滋賀県外からのバスツアーで、勝鳥神社を参拝する人たち(滋賀県彦根市三津町)
滋賀県外からのバスツアーで、勝鳥神社を参拝する人たち(滋賀県彦根市三津町)

 滋賀県彦根市三津町の小さな神社「勝鳥(かつとり)神社」に、今年のえと、酉(とり)にちなみ、滋賀県内外から参拝者が押し寄せている。「勝」の字に縁起をかつぐ人もあり、元旦から2月中旬までの参拝者は1万人を超えた。地元自治会が工夫を凝らして歓迎している。

 天稚彦(あめのわかひこ)を祭る同神社は同町の旧小字「勝鳥」にあり、1878(明治11)年に今の名前になった。遠方からの参拝者が少なかった地域の氏神さんに変化がみられたのは、2005年の酉年。旅行会社がバスツアーに組み込み、数千人が訪れたことから、広く知られるようになった。

 今年もツアー予約が相次ぎ、住民は交代で神社に待機して参拝者を出迎え、記念の手ぬぐいや印の授与、交通整理に追われた。三津町自治会によると2月中旬までにバス265台、計1万人以上が訪れた。新聞などで紹介されたため、個人で訪れる人も多いという。

 2月中旬の平日にも近江牛の昼食などと合わせたバスツアーで約100人が訪れ、ニワトリの絵柄の幕が掛かった社殿で手を合わせた。大阪府豊中市の会社員大野洋美さん(36)は「酉年生まれの同僚や親族の分もお参りした」、愛知県蒲郡市の小野千春さん(61)は「大病で入院したので、病気に勝てるようにという気持ちで祈った」と話した。

 同自治会役員の辻克美さん(58)は「59世帯の小さな町の名前や神社のことを知ってもらえて、市内の人も訪れてくれるようになりよかった」と喜ぶ。

【 2017年02月20日 09時10分 】

ニュース写真

  • 滋賀県外からのバスツアーで、勝鳥神社を参拝する人たち(滋賀県彦根市三津町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      温暖化に強いモモ開発、農研機構
      「さくひめ」、味や大きさ上

      20170628000067

       農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は28日、地球温暖化に強い新品種のモモ「さく..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ドジャース前田が好投、6勝目
      エンゼルス戦

      20170628000082

       ▽ドジャース―エンゼルス(27日・ロサンゼルス) ドジャースの前田は先発して7回を投げ、..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値94円安
      利益確定売り強まる

      20170628000084

       28日の東京株式市場は、このところの相場上昇を警戒した利益確定の売りが強まり、日経平均..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      伊方1号機の廃炉計画認可
      原子力規制委、5原発目

      20170628000054

       原子力規制委員会は28日の定例会合で、運転開始から40年となる四国電力伊方原発1号機の..... [ 記事へ ]

      国際

      M・カーさん、9億円宝石当局に
      米の汚職捜査に協力

      20170628000069

       【ロサンゼルス共同】オーストラリアの人気モデル、ミランダ・カーさんの代理人は27日、マ..... [ 記事へ ]