出版案内
福祉事業団

信長に抵抗、悲運の城主の位牌確認 京都・昌運寺

「天正三」「十月二日」「小笠原筑前守」の文字がある位牌。物集女宗入をまつったものと分かった(向日市物集女町・昌運寺)
「天正三」「十月二日」「小笠原筑前守」の文字がある位牌。物集女宗入をまつったものと分かった(向日市物集女町・昌運寺)

 戦国時代末期、織田信長に抵抗し殺されたとされる、物集女城(向日市)の最後の城主、物集女宗入(忠重)の名の入った位牌(いはい)が、このほど地元の昌運寺(同市物集女町)で確認された。宗入の足跡を調べる研究者は「没後も大切にまつられ、住民に慕われていたことがうかがえる」と話す。

 見つかった位牌は高さ41センチ、幅12センチ。「静室宗入居士」と記され、ほかに3人の戒名があった。裏面には「天正三乙亥十月二日」「小笠原筑前守」と書かれている。

 宗入の木像を、2014年に清浄華院(京都市上京区)で確認した同院史料編纂(へんさん)室の研究員松田道観さん(35)が、ゆかりの寺を調べていたところ、昌運寺で見つけた。戒名の「宗入」▽命日とされる天正3(1575)年10月2日の記載▽物集女氏が名乗ったと伝わる「小笠原」の名前がある-などから宗入をまつったものと判断した。

 物集女氏は、桂川西岸地域を治める「西岡衆(にしのおかしゅう)」の一族。宗入は、織田信長の家臣細川藤孝(幽斎)が同地域の支配に乗り出した際も独立の精神を貫いたことで知られる。

 地元では、天正3年10月2日、藤孝の家臣松井康之に招かれ、勝龍寺城(長岡京市)に出向いたところを謀殺された「悲運の城主」と伝わる。同時期、物集女城も攻略され、一族は離散したという。

 昌運寺の僧侶脇田修司さん(39)は「物集女城や物集女氏を身近に感じた。これからも大事にまつっていきたい」と語る。

 宗入の位牌や木像について松田さんが語る講演会が11日午前10時半から、物集女公民館(向日市物集女町中条)で開かれる。入場無料。

【 2017年03月09日 12時00分 】

ニュース写真

  • 「天正三」「十月二日」「小笠原筑前守」の文字がある位牌。物集女宗入をまつったものと分かった(向日市物集女町・昌運寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陸自、中部方面後方支援隊に新編2部隊 京都で完結式

      20170327000159

       陸上自衛隊は27日、中部方面後方支援隊で新編した部隊の編成完結式を京都市西京区の陸自桂..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      関西WMGへ滋賀県実行委を設立 事業計画など決定

      20170327000161

       2021年5月に関西一円で行われる生涯スポーツの国際総合競技大会「ワールドマスターズゲ..... [ 記事へ ]

      経済

      イオン甲子園店、5月末に閉店へ
      前ダイエー、苦戦脱せず

      20170327000130

       イオングループ傘下で、総合スーパーの運営を担うイオンリテールが、大型商業施設「イオン甲..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]

      国際

      「同じ地獄再現ならない」
      被爆者藤森さんが演説

      20170328000001

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で27日(日本時間同)始まった核兵器禁止条..... [ 記事へ ]