出版案内
福祉事業団

京都・祇園新橋の風情守りたい 景観づくり協、住民ら立ち上げ

花街の情緒あふれる祇園新橋地区の街並み(京都市東山区)
花街の情緒あふれる祇園新橋地区の街並み(京都市東山区)

 京都市東山区祇園新橋周辺の住民や商店主らが、花街の景観や風情の保全に向けて「祇園新橋景観づくり協議会」を立ち上げる。結婚前のカップルが街中で記念撮影する「前撮り」へのマナー改善を呼び掛けるほか、建築行為や看板設置をする際に地元との意見交換が必要になる市の「地域景観づくり協議会」の認定を目指す。

 祇園新橋地区は、花街の情緒あふれる街並みで知られ、文化財保護法が定める伝統的建造物群保存地区に指定されている。建物の外観は保全のための法的規制がかかっており、地元の住民や商店主らが主体となった景観づくりの核となる組織を立ち上げようと、昨年4月に有志が集まって発起人会を結成、準備を進めてきた。

 祇園新橋景観づくり協議会は18日に設立総会を開き、同地区にある全建物を対象に住民や商店主、建物所有者らが入会。今月中にも市に地域景観づくり協議会制度に基づく認定団体の申請を行う。認定されれば市内で10番目となる。

 景観づくりの方針を示す「計画書」は2017年度内にまとめる予定で、今後、電線の地中化や車両往来のあり方などを議論していく。計画書が認定されると対象区域内での新築や増改築、看板の設置や変更を行う建築主は地元との意見交換が義務づけられる。

 同地区では、結婚式とは別の日に和装姿などで記念写真を撮影する「前撮り」のスポットして人気を集めているが、路上に赤い毛せんを敷いたり、私有の橋に立ち入ったりするなど一部でマナーに問題が見られるという。このため協議会が窓口となり、改善に向けて撮影業者と協議していくことも検討する。

 発起人の一人の冨田貫之さん(48)は「住民や事業者が自分たちで景観を守っていくという自覚を持ち、力を合わせて取り組んでいきたい」と話している。

【 2017年03月18日 11時47分 】

ニュース写真

  • 花街の情緒あふれる祇園新橋地区の街並み(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀・比良山系、うっすら初冠雪 昨年より9日遅く

      20171120000021

       彦根地方気象台は19日、滋賀県内の比良山系で初冠雪を観測したと発表した。山頂付近がうっ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      釜本さん姉、東京パラへPR「選手と共通の夢持てる」

      20171120000016

       サッカー元日本代表の釜本邦茂さんの姉、美佐子さん(76)=京都市右京区出身=が日本ブラ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]