出版案内
福祉事業団

ピアノ鍵盤に弾む喜び 京都・長岡京のサークル結成20年

本番に向けて連弾の練習をするメンバーたち(長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)
本番に向けて連弾の練習をするメンバーたち(長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)

 京都府長岡京市のピアノサークル「エリーゼ」は22日、結成20年を記念して「大人のピアノ発表会」を同市神足2丁目のバンビオ1番館で開く。年齢を重ねながらピアノに打ち込んできたメンバーは「うまい下手にかかわらず、音楽を楽しむ姿を見てほしい」と本番に向けて練習に励んでいる。

 エリーゼは1997年11月に中央公民館で開かれたピアノの生涯学習講座の受講生らが「このまま続けたい」と翌12月に結成。ベートーベンのピアノ曲「エリーゼのために」から名付けた。

 現在は市内を中心に50~80代の女性33人が参加。講師の吉田京子さん(65)=同市一文橋=の自宅などでグループに分かれて月2回練習する。平均年齢は69歳で最高齢は85歳。初心者がほとんどで80歳を機にピアノを始めた人や20年間続ける人もいる。10年前から市内の高齢者施設を定期的に訪れ、慰問演奏もしている。

 当日は花や愛、自然など五つのテーマを設け、ピアノの名曲「乙女の祈り」やショパンのワルツをはじめ「さくらさくら」「荒城の月」といった日本の民謡や歌曲など各自が好きな曲を披露。ヨーロッパの名曲メドレーを17人が交代しながら演奏するリレー連弾やカスタネット、鍵盤ハーモニカ、トライアングルなど全員で演奏する曲もある。

 代表の川戸恵子さん(69)=同市天神2丁目=は「ピアノが弾けるようになる喜びと、それを共有できる仲間ができ本当に楽しい。当日は笑顔で楽しく演奏したい」と話す。

 発表会は午後1時半開演。入場無料。

【 2017年03月18日 12時24分 】

ニュース写真

  • 本番に向けて連弾の練習をするメンバーたち(長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀・比良山系、うっすら初冠雪 昨年より9日遅く

      20171120000021

       彦根地方気象台は19日、滋賀県内の比良山系で初冠雪を観測したと発表した。山頂付近がうっ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      釜本さん姉、東京パラへPR「選手と共通の夢持てる」

      20171120000016

       サッカー元日本代表の釜本邦茂さんの姉、美佐子さん(76)=京都市右京区出身=が日本ブラ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]