出版案内
福祉事業団

ピアノ鍵盤に弾む喜び 京都・長岡京のサークル結成20年

本番に向けて連弾の練習をするメンバーたち(長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)
本番に向けて連弾の練習をするメンバーたち(長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)

 京都府長岡京市のピアノサークル「エリーゼ」は22日、結成20年を記念して「大人のピアノ発表会」を同市神足2丁目のバンビオ1番館で開く。年齢を重ねながらピアノに打ち込んできたメンバーは「うまい下手にかかわらず、音楽を楽しむ姿を見てほしい」と本番に向けて練習に励んでいる。

 エリーゼは1997年11月に中央公民館で開かれたピアノの生涯学習講座の受講生らが「このまま続けたい」と翌12月に結成。ベートーベンのピアノ曲「エリーゼのために」から名付けた。

 現在は市内を中心に50~80代の女性33人が参加。講師の吉田京子さん(65)=同市一文橋=の自宅などでグループに分かれて月2回練習する。平均年齢は69歳で最高齢は85歳。初心者がほとんどで80歳を機にピアノを始めた人や20年間続ける人もいる。10年前から市内の高齢者施設を定期的に訪れ、慰問演奏もしている。

 当日は花や愛、自然など五つのテーマを設け、ピアノの名曲「乙女の祈り」やショパンのワルツをはじめ「さくらさくら」「荒城の月」といった日本の民謡や歌曲など各自が好きな曲を披露。ヨーロッパの名曲メドレーを17人が交代しながら演奏するリレー連弾やカスタネット、鍵盤ハーモニカ、トライアングルなど全員で演奏する曲もある。

 代表の川戸恵子さん(69)=同市天神2丁目=は「ピアノが弾けるようになる喜びと、それを共有できる仲間ができ本当に楽しい。当日は笑顔で楽しく演奏したい」と話す。

 発表会は午後1時半開演。入場無料。

【 2017年03月18日 12時24分 】

ニュース写真

  • 本番に向けて連弾の練習をするメンバーたち(長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陶芸で交流、友好都市5年
      益子と英セントアイブス

      20170921000029

       【ロンドン共同】伝統工芸の益子焼で知られる栃木県益子町と、同じく陶芸の里として有名な英..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自転車でフィギュアとサッカー 滋賀、独代表ジュニアが妙技

      20170921000053

       室内自転車競技のドイツ代表ジュニアチームが20日、滋賀県彦根市松原町の近江高を訪問し、..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万0479円
      2年1カ月ぶり高値

      20170921000069

       21日午前の東京株式市場は日経平均株価(225種)が続伸、上げ幅は一時100円を超え、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、高速鉄道350キロ再開
      「復興号」世界最速に

      20170921000030

       【北京共同】中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開した。2011..... [ 記事へ ]