出版案内
福祉事業団

まち再生「さくらの森」プロジェクト始動 大津、400本規模に

地域住民に見守られながら、植樹したサクラに記念プレートを取り付ける子どもたち(大津市水明1丁目・小野小)
地域住民に見守られながら、植樹したサクラに記念プレートを取り付ける子どもたち(大津市水明1丁目・小野小)

 大津市水明1丁目の小野小や隣接する妹子公園一帯を「さくらの森」とする住民主導のまちづくりプロジェクトが動き始めた。小野小学区は高齢化で子どもの数が減っている。地域の核の一つである小野小を魅力ある場所に変え、そこから地域再生へとつなげる構想だ。

 小野小は、児童数146人で、全学年でクラス替えができない「小規模校」。市教育委員会は「2020年には1学年10人台となる」との推計を示しており、通学区域見直しや統廃合も含め、住民や保護者に学校の将来像を議論するよう求めている。

 同学区では住民組織が地域で植樹や防犯、清掃活動といったまちづくり活動に取り組み、小野小とも連携してきた。学校の存在は大きく、統廃合への地域の警戒感は強い。

 住民らは2月、「小野小学校に桜を植える会」を結成。「住みよい街、住みたい街」を目指し、「さくらの森」づくりを計画した。

 今後3年かけて小野小の周囲に約150本、隣接する妹子公園に約250本植える。既存の桜と合わせると、一帯の桜は400本を超え、桜の名所・海津大崎に匹敵する規模となるという。

 すでに10日には同小6年生24人が小学校横に8本の桜を植樹。卒業式のあった17日には地域住民らも集まり、児童とともに記念プレートを桜に取り付けた。植える会の内田成康会長(72)は「植樹を魅力あるまちづくりの第一歩にしたい。地域のよりどころを失うわけにはいかない」と話していた。

【 2017年03月18日 12時37分 】

ニュース写真

  • 地域住民に見守られながら、植樹したサクラに記念プレートを取り付ける子どもたち(大津市水明1丁目・小野小)

2017衆院選 開票速報

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      JR乱れ京阪神27万人に影響 台風21号

      20171023000108

       超大型で非常に強い台風21号は、22日夜から京都府北部や滋賀県に爪痕を残した。列車の運..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      村田選手「夢じゃない」と笑み
      ボクシング世界新王者

      20171023000104

       世界ボクシング協会(WBA)ミドル級新王者となった2012年ロンドン五輪金メダリストの..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、テロ対策を協議
      ASEAN国防相会議

      20171023000072

       【クラーク共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議が23日、フィリピン北部クラ..... [ 記事へ ]