出版案内
福祉事業団

節目の舞台、祝福の笑い 茂山狂言会が50周年記念公演

50周年を迎えた茂山狂言会で上演された「福部の神」の舞台(18日午後2時35分、京都市上京区・金剛能楽堂)
50周年を迎えた茂山狂言会で上演された「福部の神」の舞台(18日午後2時35分、京都市上京区・金剛能楽堂)

 狂言の茂山千五郎家による定期公演「茂山狂言会」の50周年記念公演が18日、京都市上京区の金剛能楽堂で開かれた。半世紀前の初回のプログラムと同じ演目を、千五郎家の狂言師が総出で上演し、節目の舞台を祝った。

 茂山狂言会は1967年4月にスタート。当時、能の会とは独立して、狂言の家が定期公演を持つことは画期的だった。以来、おおむね毎年春と秋に開かれ、大曲や珍しい曲に挑む晴れの舞台として、狂言ファンに親しまれている。

 記念公演は、茂山あきらさん(64)演じる神様が空也念仏の一行を祝福する、おめでたい「福部の神(しん)」で幕開けした。千五郎家とゆかりの深い幕末の大老・井伊直弼が復曲した秘曲「狸腹鼓(たぬきのはらつづみ)」では、初回公演で四世千作さんが手掛けた狸役を三男の千三郎さん(52)が演じた。冬の情緒が印象的な名曲「木六駄(きろくだ)」を七五三さん(69)、五世千作さん(71)の兄弟で務め、能楽堂をおおらかな笑いで包んだ。

【 2017年03月18日 23時04分 】

ニュース写真

  • 50周年を迎えた茂山狂言会で上演された「福部の神」の舞台(18日午後2時35分、京都市上京区・金剛能楽堂)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陶芸で交流、友好都市5年
      益子と英セントアイブス

      20170921000029

       【ロンドン共同】伝統工芸の益子焼で知られる栃木県益子町と、同じく陶芸の里として有名な英..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自転車でフィギュアとサッカー 滋賀、独代表ジュニアが妙技

      20170921000053

       室内自転車競技のドイツ代表ジュニアチームが20日、滋賀県彦根市松原町の近江高を訪問し、..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万0479円
      2年1カ月ぶり高値

      20170921000069

       21日午前の東京株式市場は日経平均株価(225種)が続伸、上げ幅は一時100円を超え、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、高速鉄道350キロ再開
      「復興号」世界最速に

      20170921000030

       【北京共同】中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開した。2011..... [ 記事へ ]