出版案内
福祉事業団

「中品中生図」の模写初公開 宇治・平等院ミュージアム

初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館

 京都府宇治市宇治の平等院内にあるミュージアム鳳翔館で18日、春季特別展「春のお迎え-舞い降りる花と仏の荘厳美-」が始まった。国宝鳳凰堂の壁扉画の一つ「中品中生図(ちゅうほんちゅうしょうず)」の想定復元模写が初公開された。

 「中品中生図」の原物は、鎌倉初期の作で傷みが著しく、絵画の全体像が分かりにくかった。日本画家で金沢美術工芸大の荒木恵信准教授(45)が、蛍光X線分析の科学調査などを元に顔料や図柄などを特定し、2014年に4分の1サイズ(縦205センチ、横177センチ)で全図模写を制作した。

 模写は、阿弥陀如来と菩薩(ぼさつ)の一行が山奥から往生者を迎えにやって来る様子や春を連想させるサクラが、当初の華やかな色彩で和紙に再現されている。そのほか春季展には、5月8日まで展示する「上品中生図(じょうほんちゅうしょうず)」の押縁に残された落書きの現状模写など計約20点が並ぶ。

 荒木准教授は「原物は巨大な板の壁画だが、非常に細かく繊細に描写されている。当時の往生への思いを感じ取ることができる」と話している。

 6月23日まで(一部展示替えがある)。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2017年03月19日 10時40分 】

ニュース写真

  • 初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      新景観政策10年、未来見据え議論深める 京都でシンポ

      20171211000186

       京都市の新景観政策の施行10年を総括するシンポジウムがこのほど、左京区の府立京都学・歴..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      浦和、12日に5位決定戦
      堀監督「勝利を得たい」

      20171211000213

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカッ..... [ 記事へ ]

      経済

      WTOの機能強化要請
      世耕経産相、閣僚会議

      20171212000002

       【ブエノスアイレス共同】アルゼンチンで開かれている世界貿易機関(WTO)閣僚会議は11..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      風車計画にイヌワシ衝突恐れ 滋賀の生息地、発電用7基

      20171211000171

       国の天然記念物イヌワシが生息する滋賀県米原市の山林に、東京の再生エネルギー会社が大型の..... [ 記事へ ]

      国際

      比政府機関、マニラに慰安婦像
      中国系団体が要求か

      20171211000202

       【マニラ共同】フィリピン政府機関の一つ、フィリピン国家歴史委員会が11日までに、マニラ..... [ 記事へ ]