出版案内
福祉事業団

「中品中生図」の模写初公開 宇治・平等院ミュージアム

初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館

 京都府宇治市宇治の平等院内にあるミュージアム鳳翔館で18日、春季特別展「春のお迎え-舞い降りる花と仏の荘厳美-」が始まった。国宝鳳凰堂の壁扉画の一つ「中品中生図(ちゅうほんちゅうしょうず)」の想定復元模写が初公開された。

 「中品中生図」の原物は、鎌倉初期の作で傷みが著しく、絵画の全体像が分かりにくかった。日本画家で金沢美術工芸大の荒木恵信准教授(45)が、蛍光X線分析の科学調査などを元に顔料や図柄などを特定し、2014年に4分の1サイズ(縦205センチ、横177センチ)で全図模写を制作した。

 模写は、阿弥陀如来と菩薩(ぼさつ)の一行が山奥から往生者を迎えにやって来る様子や春を連想させるサクラが、当初の華やかな色彩で和紙に再現されている。そのほか春季展には、5月8日まで展示する「上品中生図(じょうほんちゅうしょうず)」の押縁に残された落書きの現状模写など計約20点が並ぶ。

 荒木准教授は「原物は巨大な板の壁画だが、非常に細かく繊細に描写されている。当時の往生への思いを感じ取ることができる」と話している。

 6月23日まで(一部展示替えがある)。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2017年03月19日 10時40分 】

ニュース写真

  • 初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      鳥取県琴浦町でミサイル避難訓練
      住民ら建物に駆け込む

      20170819000064

       北朝鮮の度重なるミサイル発射実験を受け、日本海に面する鳥取県琴浦町で19日、住民が避難..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      レスリングの川井梨、土性ら出発
      世界選手権へ、女子代表

      20170819000058

       レスリングの世界選手権(21日開幕・パリ)に出場する女子日本代表が19日、開催地パリへ..... [ 記事へ ]

      経済

      学術無線LAN、京都の旅館で 宿泊施設導入は国内初

      20170819000032

       京都市中京区の旅館こうろは18日、国内外の教育・研究機関で利用されている無線LANの相..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・八木中学の美化活動を表彰 日本観光振興協会

      20170819000054

       京都南丹市花火大会終了後の清掃活動に毎年取り組んでいる京都府南丹市八木町の八木中が、日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2A打ち上げへ最終準備
      衛星みちびき搭載

      20170819000040

       政府の人工衛星「みちびき3号機」を搭載したH2Aロケット35号機の打ち上げに向け、三菱..... [ 記事へ ]

      国際

      韓流スター2人が除隊
      ソウル、ファンら歓声

      20170818000179

       【ソウル共同】韓国のアイドルグループ「東方神起」のチャンミンさん(29)と「SUPER..... [ 記事へ ]