出版案内
福祉事業団

「中品中生図」の模写初公開 宇治・平等院ミュージアム

初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館

 京都府宇治市宇治の平等院内にあるミュージアム鳳翔館で18日、春季特別展「春のお迎え-舞い降りる花と仏の荘厳美-」が始まった。国宝鳳凰堂の壁扉画の一つ「中品中生図(ちゅうほんちゅうしょうず)」の想定復元模写が初公開された。

 「中品中生図」の原物は、鎌倉初期の作で傷みが著しく、絵画の全体像が分かりにくかった。日本画家で金沢美術工芸大の荒木恵信准教授(45)が、蛍光X線分析の科学調査などを元に顔料や図柄などを特定し、2014年に4分の1サイズ(縦205センチ、横177センチ)で全図模写を制作した。

 模写は、阿弥陀如来と菩薩(ぼさつ)の一行が山奥から往生者を迎えにやって来る様子や春を連想させるサクラが、当初の華やかな色彩で和紙に再現されている。そのほか春季展には、5月8日まで展示する「上品中生図(じょうほんちゅうしょうず)」の押縁に残された落書きの現状模写など計約20点が並ぶ。

 荒木准教授は「原物は巨大な板の壁画だが、非常に細かく繊細に描写されている。当時の往生への思いを感じ取ることができる」と話している。

 6月23日まで(一部展示替えがある)。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2017年03月19日 10時40分 】

ニュース写真

  • 初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      米軍、沖縄の炎上ヘリ撤去終了
      事故発生10日目

      20171020000162

       在日米海兵隊(司令部・沖縄)は20日、沖縄県東村の牧草地に11日に不時着し炎上、大破し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バレーのプレミアL、21日開幕
      NEC柳田「攻撃生かす」

      20171020000116

       バレーボールのプレミアリーグは21日に女子がゼビオアリーナ仙台で、男子が東京体育館で開..... [ 記事へ ]

      経済

      西室泰三氏の死去を東芝が公表
      お別れの会を予定

      20171020000093

       東芝は20日、東芝や日本郵政で社長を務めた西室泰三氏が14日午後8時50分、老衰のため..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オーケストラ演奏、迫力に児童魅了 京都の小学校

      20171020000056

       東京佼成(こうせい)ウインドオーケストラ(東京都杉並区)の芸術鑑賞会が19日、京都府長..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      インド首都の大気汚染が本格化
      祭の花火規制も効果薄く

      20171020000085

       【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーで、秋から冬にかけて深刻となる大気汚染が本..... [ 記事へ ]