出版案内
福祉事業団

子ども歌舞伎、オリジナル脚本で「伏見の桃太郎」 京都

伏見の歌舞伎の復活を目指し、オリジナル脚本「伏見の桃太郎」を演じる子どもたち(19日午後2時30分、京都市伏見区・御香宮神社)
伏見の歌舞伎の復活を目指し、オリジナル脚本「伏見の桃太郎」を演じる子どもたち(19日午後2時30分、京都市伏見区・御香宮神社)

 出雲阿国が江戸時代初期に歌舞伎を披露したと伝わる京都・伏見で19日、「伏見三月子ども歌舞伎」が初めて催された。「伏見の歌舞伎」を400年ぶりに復活させようと、地元住民らが企画。4~11歳の子ども7人が、オリジナル脚本「伏見の桃太郎」を元気いっぱいに演じた。

 出雲阿国は歌舞伎の創始者とされ、江戸初期の歴史書「当代記」には、慶長8(1603)年、伏見城で徳川家康の前で演じたとの記述がある。さらに、地元の夫婦が伏見の御香宮神社でもらった桃から子どもを授かったという「桃太郎」のおとぎ話も残っていることから、地元住民が子ども歌舞伎の上演を発案。脚本を作り、地元の子どもたちを集めて昨春から練習を重ねてきた。

 会場となった御香宮神社にはこの日、住民ら約90人が来場。おしろいに着物姿の子どもたちが初舞台を踏んだ。見せ場では、剣を持った桃太郎と赤鬼が大立ち回りを見事に演じた。小さな子どもたちが一生懸命せりふを読む姿に、観客がほほ笑みながら見入った。

 桃太郎役の下鳥羽小5年花村友樹君(11)は「立ち回りが難しかったけど、できてよかった。来年も出たい」と笑顔。発起人の井口冨夫さん(67)=伏見区=は「第一歩が踏み出せた。今後も継続し、レベルアップを図りたい」と話していた。

【 2017年03月19日 01時33分 】

ニュース写真

  • 伏見の歌舞伎の復活を目指し、オリジナル脚本「伏見の桃太郎」を演じる子どもたち(19日午後2時30分、京都市伏見区・御香宮神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      受動喫煙対策、日本はまだまだ 京都で防止訴え

      20170527000141

       世界保健機関が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、受動喫煙防止の重要性を訴える催し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、バブリンカが通算16勝目
      ジュネーブ・オープン

      20170528000008

       男子テニスのジュネーブ・オープンは27日、ジュネーブでシングルス決勝が行われ、第1シー..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、東証1部復帰申請へ
      6月末に、戴社長

      20170527000127

       【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学生が裁判員裁判体験 滋賀、弁護や検察役に分かれ

      20170527000128

       小中学生が裁判員裁判を体験する憲法週間の記念行事が27日、大津市の大津地裁で催された。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      独首相、米の温暖化議論「不満」
      G7サミット閉幕後の記者会

      20170527000150

       【タオルミナ共同】ドイツのメルケル首相は27日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]

      国際

      英航空会社でシステム障害
      ブリティッシュ・エアウェイズ

      20170527000135

       【ロンドン共同】英ブリティッシュ・エアウェイズのコンピューターシステムに27日、障害が..... [ 記事へ ]