出版案内
福祉事業団

うららか、紅白の点描に春の香り 京都・北野天満宮梅苑

今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から

 うららかな日和に街並みがかすみ、濃淡入り交じった紅白が枝先でほころぶ。北野天満宮(京都市上京区)は、梅を愛した菅原道真を祭神とする。境内の一角にある梅苑から小型無人機を飛ばすと、巻き起こす風が甘い香りを運んできた。

 本殿前の樹齢350年以上とされるご神木をはじめ、境内には約50種、1500本の梅が植わり、その半数以上が梅苑にある。

 花をめでる「梅花祭」に始まり、梅にちなんで歳時が移ろう。収穫した実を乾燥させた縁起物の「大福梅」づくりは、初夏から秋口の風物詩となっている。年末には枝を刈り込んだ「ずばい」を収穫し、飾り付けて年始の授与品としている。

 道真公は学問の神でもあり、初詣や受験シーズンには合格祈願の参拝者が多い。厳しい冬を越えた梅の花は、今まさに見頃。受験生たちのもとにも、開花の便りは届いているだろうか。

    ◇

 梅苑は3月下旬まで公開予定。入苑料は大人700円(小学生以下350円)。

【 2017年03月20日 20時30分 】

ニュース写真

  • 今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「延命治療諾否」冊子が物議 京都市配布に抗議も

      20170424000013

       京都市は、人生の終末期の医療に備えて自らの希望をあらかじめ書きとめておく「事前指示書」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自動車、佐藤琢磨は9位
      インディカー・シリーズ第3戦

      20170424000030

       自動車のインディカー・シリーズ第3戦は23日、米アラバマ州バーミングハムで決勝が行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      ヤマト再配達受け付け7時までに
      きょうから1時間繰り上げ

      20170424000022

       ヤマト運輸は24日から、宅配便の当日再配達を受け付ける時間を、これまでよりも1時間早い..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      クニマス産卵の撮影成功、山梨
      生態解明へ一歩前進

      20170424000007

       秋田県・田沢湖の固有種で、富士五湖の西湖(山梨県富士河口湖町)で約70年ぶりに発見され..... [ 記事へ ]

      国際

      ペルー公邸事件20年でミサ
      元人質ら犠牲者に祈り

      20170424000027

       【リマ共同】ペルー日本大使公邸人質事件が解決から20年を迎え、首都リマの大聖堂で23日..... [ 記事へ ]