出版案内
福祉事業団

うららか、紅白の点描に春の香り 京都・北野天満宮梅苑

今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から

 うららかな日和に街並みがかすみ、濃淡入り交じった紅白が枝先でほころぶ。北野天満宮(京都市上京区)は、梅を愛した菅原道真を祭神とする。境内の一角にある梅苑から小型無人機を飛ばすと、巻き起こす風が甘い香りを運んできた。

 本殿前の樹齢350年以上とされるご神木をはじめ、境内には約50種、1500本の梅が植わり、その半数以上が梅苑にある。

 花をめでる「梅花祭」に始まり、梅にちなんで歳時が移ろう。収穫した実を乾燥させた縁起物の「大福梅」づくりは、初夏から秋口の風物詩となっている。年末には枝を刈り込んだ「ずばい」を収穫し、飾り付けて年始の授与品としている。

 道真公は学問の神でもあり、初詣や受験シーズンには合格祈願の参拝者が多い。厳しい冬を越えた梅の花は、今まさに見頃。受験生たちのもとにも、開花の便りは届いているだろうか。

    ◇

 梅苑は3月下旬まで公開予定。入苑料は大人700円(小学生以下350円)。

【 2017年03月20日 20時30分 】

ニュース写真

  • 今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      神戸の大震災銘板、5千人超に
      遺族ら亡き人の名残し記憶伝達

      20171217000083

       阪神大震災犠牲者らの名前を掲げる神戸市中央区の「慰霊と復興のモニュメント」で17日、新..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      競馬、ダノンプレミアムが優勝
      朝日杯FS、G1レース初勝利

      20171217000073

       第69回朝日杯フューチュリティステークス(17日・阪神11R1600メートル芝16頭、..... [ 記事へ ]

      経済

      葉っぱビジネスの経験伝授
      徳島「いろどり」、農業活性化へ

      20171216000092

       和食に添える葉や花などの「つまもの」を高齢者が商品化する「葉っぱビジネス」で知られる徳..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、「一帯一路」推進呼び掛け
      閣僚級、日本側に

      20171216000112

       【北京共同】日中両国の政財界人や有識者が安全保障や外交を議論するシンポジウム「東京―北..... [ 記事へ ]