出版案内
福祉事業団

うららか、紅白の点描に春の香り 京都・北野天満宮梅苑

今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から

 うららかな日和に街並みがかすみ、濃淡入り交じった紅白が枝先でほころぶ。北野天満宮(京都市上京区)は、梅を愛した菅原道真を祭神とする。境内の一角にある梅苑から小型無人機を飛ばすと、巻き起こす風が甘い香りを運んできた。

 本殿前の樹齢350年以上とされるご神木をはじめ、境内には約50種、1500本の梅が植わり、その半数以上が梅苑にある。

 花をめでる「梅花祭」に始まり、梅にちなんで歳時が移ろう。収穫した実を乾燥させた縁起物の「大福梅」づくりは、初夏から秋口の風物詩となっている。年末には枝を刈り込んだ「ずばい」を収穫し、飾り付けて年始の授与品としている。

 道真公は学問の神でもあり、初詣や受験シーズンには合格祈願の参拝者が多い。厳しい冬を越えた梅の花は、今まさに見頃。受験生たちのもとにも、開花の便りは届いているだろうか。

    ◇

 梅苑は3月下旬まで公開予定。入苑料は大人700円(小学生以下350円)。

【 2017年03月20日 20時30分 】

ニュース写真

  • 今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      立命大、関大に競り勝ち開幕5連勝 関西学生アメフット

      20171021000143

       アメフットの関西学生リーグは21日、西京極陸上競技場で2試合を行った。立命大は15-7..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      中道右派が第1党の勢い
      チェコ下院選、新興党が躍進

      20171021000163

       【プラハ共同】チェコ下院(定数200)選は21日、前日からの投票が締め切られ、開票が始..... [ 記事へ ]