出版案内
福祉事業団

タケノコ早むき大会、飲食ブース... 京都・向日で観光フェスタ

たけのこ早むき全国大会で懸命にタケノコの皮をむく参加者たち(向日市鶏冠井町・朝堂院公園)
たけのこ早むき全国大会で懸命にタケノコの皮をむく参加者たち(向日市鶏冠井町・朝堂院公園)

 食と観光で地域を盛り上げる「むこう、むこう ゲキカラ観光フェスタ」が20日、京都府向日市鶏冠井町の史跡長岡宮跡朝堂院公園で開かれた。家族連れらが、市内の名所や地名にちなんだ料理、タケノコの早むき大会などを楽しんだ。

 会場の同公園は市内の観光スポットの一つで、市内外に広くPRしようと、京都向日市激辛商店街が初めて催した。

 飲食ブースには市内の飲食店など12店が出店。特産のタケノコを使った「竹の径サンド」、辛さが「ちょうどいい」と朝堂院の語感を掛けた「朝堂院カレーうどん」など、遊び心を取り入れた料理が並んだ。50人以上の行列ができた店や、開始1時間半で早々に売り切れた店もあった。

 また特設ステージで行われた「むこうむこうたけのこ早むき全国大会」には、市民ら約60人が参加。地元で採れた小ぶりのタケノコの皮を、30秒間でどれぐらいたくさんむけるかを競った。「これ固いわ」「すごくむきにくい」と言いながら、懸命に指を動かしていた。優勝は、95グラム分の皮をむいた同市向日町の主婦藤井友香子さん(40)だった。

 友人3人と参加し、8位に入賞した韓国からの留学生朴晟洙さん(26)=京都市下京区=は「力を入れてむいたので、指が痛くなった。辛さには慣れているので、料理はそんなに辛く感じない」と話していた。

【 2017年03月21日 11時35分 】

ニュース写真

  • たけのこ早むき全国大会で懸命にタケノコの皮をむく参加者たち(向日市鶏冠井町・朝堂院公園)
  • 飲食ブースに多くの家族連れらが行列を作ったゲキカラ観光フェスタ(向日市鶏冠井町・朝堂院公園)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「延命治療諾否」冊子が物議 京都市配布に抗議も

      20170424000013

       京都市は、人生の終末期の医療に備えて自らの希望をあらかじめ書きとめておく「事前指示書」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自動車、佐藤琢磨は9位
      インディカー・シリーズ第3戦

      20170424000030

       自動車のインディカー・シリーズ第3戦は23日、米アラバマ州バーミングハムで決勝が行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      ヤマト再配達受け付け7時までに
      きょうから1時間繰り上げ

      20170424000022

       ヤマト運輸は24日から、宅配便の当日再配達を受け付ける時間を、これまでよりも1時間早い..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      クニマス産卵の撮影成功、山梨
      生態解明へ一歩前進

      20170424000007

       秋田県・田沢湖の固有種で、富士五湖の西湖(山梨県富士河口湖町)で約70年ぶりに発見され..... [ 記事へ ]

      国際

      ペルー公邸事件20年でミサ
      元人質ら犠牲者に祈り

      20170424000027

       【リマ共同】ペルー日本大使公邸人質事件が解決から20年を迎え、首都リマの大聖堂で23日..... [ 記事へ ]