出版案内
福祉事業団

「まちの人間国宝さん」対談、町おこし考える 京都・亀岡

「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町
「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町

 京都府亀岡市を拠点に活動する市民団体が20日、町おこしの在り方を考えるイベントを安町の交流拠点「安町ホーム 和の家」で開いた。府内各地で地域活性化に携わる「まちの人間国宝さん」による対談などがあった。

 同団体は、同志社大大学院の公開講座の参加者でつくる「70’S PROJECT」。2015年1月から「まちの人間国宝さん」を発掘する取り組みを始め、これまでに4人を認定した。イベントは昨年に続き2回目で、町おこしの実例を学んでいる。

 「伏見城研究会」に所属する若林正博さん(48)=京都市伏見区=と、南丹市日吉町でコミュニティースペース「わっかっか!」を運営する水谷千里さん(50)=南丹市日吉町=が対談した。

 若林さんは研究会の中心メンバーとして、城下町散策や写真展、冊子の発行などを手掛けており、「研究成果を地域の人に伝えることが大切。住民同士の会話を生み、絆が深まる」と強調した。

 大阪府吹田市出身の水谷さんは移住者目線で町おこしの難しさを指摘し、「やりたいことを発信し続けることが大事で、地域には協力してくれる人が必ずいる」と語った。

 亀岡市内外の12人が参加し、飲食や意見交換しながら交流した。

【 2017年03月21日 12時32分 】

ニュース写真

  • 「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]