出版案内
福祉事業団

秀吉が寺町造営時の瓦出土 京都、「天正」の銘入り

旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)
旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)

 豊臣秀吉が京都で寺町を造営した時期とされる天正18(1590)年の銘の入った瓦がこのほど、京都市上京区の寺町通沿いの発掘調査で見つかった。旧寺町域で年代が特定できる瓦の出土は初めて。京都市考古資料館(上京区)が22日から速報展で展示する。

 秀吉は天正年間、洛中周囲に御土居を設けたり、各宗派の寺院を鴨川西岸に強制移転させて「寺町」を造営したり、大規模な都市改造を行った。

 瓦は昨秋、民間調査団体による上京区寺町通石薬師下ルの京都御苑東側の発掘調査で、壊れた瓦などを埋めた江戸中期の穴から見つかった。

 屋根の棟の端に飾る大型瓦「獅子口」の一部で、幅30センチ、奥行き40センチ。本堂クラスの大規模な建物に使われていたとみられる。天板の中央に「天正拾(十)八年十月吉日」などと刻まれていた。左右の銘は一部の文字が欠けているものの、「瓦御大工」「福田加賀守」と読めるという。

 現在、屋根のふき替え工事が行われている大徳寺塔頭の黄梅院(北区)の獅子口にも「天正拾四年」「ふく田彦太郎よ志な賀」などと記され、文字の特徴が似ていることが判明しており、同資料館は「秀吉に近い瓦職人の中心人物がそれぞれの銘を刻んだのでは」と推測している。

 市歴史資料館の宇野日出生主任研究員(中世史)は「寺町造営については、各寺院で使った材木に関する文書がある程度で、史料は非常に乏しい。安土桃山から江戸時代の京都の実像を示す貴重な資料だ」としている。

 速報展は5月17日まで。月曜休館。無料。問い合わせは市考古資料館TEL075(432)3245。

【 2017年04月21日 22時21分 】

ニュース写真

  • 旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      民進、野田幹事長交代論強まる
      都議選敗北受け、慰留応じず

      20170721000001

       民進党内で20日、7月2日の東京都議選の敗北を受け、野田佳彦幹事長の交代論が強まった。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全英OPゴルフ、松山は68
      メジャー第3戦、スピースら65

      20170720000156

       【サウスポート(英国)共同】男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は20日、英..... [ 記事へ ]

      経済

      欧州中銀、現状政策を維持
      今秋、量的緩和の変更協議

      20170720000168

       【ロンドン共同】欧州中央銀行(ECB)は20日、ユーロ圏19カ国の金融政策を話し合う理..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都工繊大、連覇へ自信 全日本学生フォーミュラ大会

      20170720000177

       全国の学生チームが小型レーシングカーの性能を競う「第15回全日本学生フォーミュラ大会」..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制委員長、原発で現場聴取へ
      東電柏崎刈羽の審査、異例対応

      20170720000146

       原子力規制委員会の田中俊一委員長が、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働の..... [ 記事へ ]

      国際

      インド大統領に与党コビンド氏
      最下層出身で2人目

      20170720000162

       【ニューデリー共同】任期満了に伴うインド大統領選の開票が20日に行われた。上下両院議員..... [ 記事へ ]