出版案内
福祉事業団

秀吉が寺町造営時の瓦出土 京都、「天正」の銘入り

旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)
旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)

 豊臣秀吉が京都で寺町を造営した時期とされる天正18(1590)年の銘の入った瓦がこのほど、京都市上京区の寺町通沿いの発掘調査で見つかった。旧寺町域で年代が特定できる瓦の出土は初めて。京都市考古資料館(上京区)が22日から速報展で展示する。

 秀吉は天正年間、洛中周囲に御土居を設けたり、各宗派の寺院を鴨川西岸に強制移転させて「寺町」を造営したり、大規模な都市改造を行った。

 瓦は昨秋、民間調査団体による上京区寺町通石薬師下ルの京都御苑東側の発掘調査で、壊れた瓦などを埋めた江戸中期の穴から見つかった。

 屋根の棟の端に飾る大型瓦「獅子口」の一部で、幅30センチ、奥行き40センチ。本堂クラスの大規模な建物に使われていたとみられる。天板の中央に「天正拾(十)八年十月吉日」などと刻まれていた。左右の銘は一部の文字が欠けているものの、「瓦御大工」「福田加賀守」と読めるという。

 現在、屋根のふき替え工事が行われている大徳寺塔頭の黄梅院(北区)の獅子口にも「天正拾四年」「ふく田彦太郎よ志な賀」などと記され、文字の特徴が似ていることが判明しており、同資料館は「秀吉に近い瓦職人の中心人物がそれぞれの銘を刻んだのでは」と推測している。

 市歴史資料館の宇野日出生主任研究員(中世史)は「寺町造営については、各寺院で使った材木に関する文書がある程度で、史料は非常に乏しい。安土桃山から江戸時代の京都の実像を示す貴重な資料だ」としている。

 速報展は5月17日まで。月曜休館。無料。問い合わせは市考古資料館TEL075(432)3245。

【 2017年04月21日 22時21分 】

ニュース写真

  • 旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      LGBTの声、届いてる? 衆院選公約に「権利擁護」多数

      20171020000131

       今回の衆院選で大半の政党が、公約に性的少数者(LGBT)の権利を擁護する項目を盛り込ん..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バレーのプレミアL、21日開幕
      NEC柳田「攻撃生かす」

      20171020000116

       バレーボールのプレミアリーグは21日に女子がゼビオアリーナ仙台で、男子が東京体育館で開..... [ 記事へ ]

      経済

      西室泰三氏の死去を東芝が公表
      お別れの会を予定

      20171020000093

       東芝は20日、東芝や日本郵政で社長を務めた西室泰三氏が14日午後8時50分、老衰のため..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オーケストラ演奏、迫力に児童魅了 京都の小学校

      20171020000056

       東京佼成(こうせい)ウインドオーケストラ(東京都杉並区)の芸術鑑賞会が19日、京都府長..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      インド首都の大気汚染が本格化
      祭の花火規制も効果薄く

      20171020000085

       【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーで、秋から冬にかけて深刻となる大気汚染が本..... [ 記事へ ]