出版案内
福祉事業団

「国際日本研究」へ連携組織 大衆文化を世界の視点で

「なぜ国際日本研究なのか」を話し合った14日のシンポジウム。コンソーシアムの設立を確認した(京都市西京区・国際日本文化研究センター)
「なぜ国際日本研究なのか」を話し合った14日のシンポジウム。コンソーシアムの設立を確認した(京都市西京区・国際日本文化研究センター)

 「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究機関が集い、連携組織「国際日本研究コンソーシアム」を今夏にも立ち上げる。今年設立30周年の国際日本文化研究センター(京都市西京区)が中心となって呼び掛けた。世界から日本への関心がアニメやゲームなど多様な大衆文化に広がる中、課題に協力して向き合う。

 京都大アジア研究教育ユニットや立命館大アート・リサーチセンターのほか、東京大や早稲田大、東北大などの10を超える研究組織の参加を予定している。

 国際日本研究との言葉は1987年に設立された日文研が使い始めた。海外の人がどのように日本を見ているかを学び、既存の学問の枠を超えて新たな日本像をとらえようと試みた。2000年以降、同様の研究を行う組織が増えたが、連携は進んでいなかった。

 従来は日本への関心は経済面中心だったが、クールジャパンと言われる大衆文化に広がり、研究は多様化している。留学生も増え、いかに研究や教育を充実させるかが課題になっていた。14日にシンポジウム「なぜ国際日本研究なのか」を日文研で開き、連携組織設立を決めた。

 日文研は海外で出版された日本に関する本や画像など豊富なデータベースを持ち、昨年からは総力を挙げたプロジェクト「大衆文化研究」に力を注ぐ。小松和彦所長は「日文研の機能を強化しつつ他大学や研究機関を支援し、新しい日本像を切り開きたい」と話す。

 今後、日文研に事務局を設け、国際シンポジウムの開催、研究者や成果を紹介するウェブサイトの構築を目指す。

【 2017年05月17日 09時10分 】

ニュース写真

  • 「なぜ国際日本研究なのか」を話し合った14日のシンポジウム。コンソーシアムの設立を確認した(京都市西京区・国際日本文化研究センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      虐待防止、訴え琵琶湖一周 10月にリレー、参加募る

      20170821000021

       琵琶湖一周を走って子どもの虐待防止を呼び掛ける「びわ湖一周オレンジリボンたすきリレー」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤンキース田中、復帰に闘志
      23日のタイガース戦

      20170821000028

       【ボストン共同】右肩炎症で故障者リスト(DL)に入っているヤンキースの田中将大投手が2..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]

      国際

      車3台で爆破テロ計画か
      警察、隠れ家遺体特定急ぐ

      20170821000013

       【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の連続テロで、警察当局は20日の記者..... [ 記事へ ]