出版案内
福祉事業団

「国際日本研究」へ連携組織 大衆文化を世界の視点で

「なぜ国際日本研究なのか」を話し合った14日のシンポジウム。コンソーシアムの設立を確認した(京都市西京区・国際日本文化研究センター)
「なぜ国際日本研究なのか」を話し合った14日のシンポジウム。コンソーシアムの設立を確認した(京都市西京区・国際日本文化研究センター)

 「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究機関が集い、連携組織「国際日本研究コンソーシアム」を今夏にも立ち上げる。今年設立30周年の国際日本文化研究センター(京都市西京区)が中心となって呼び掛けた。世界から日本への関心がアニメやゲームなど多様な大衆文化に広がる中、課題に協力して向き合う。

 京都大アジア研究教育ユニットや立命館大アート・リサーチセンターのほか、東京大や早稲田大、東北大などの10を超える研究組織の参加を予定している。

 国際日本研究との言葉は1987年に設立された日文研が使い始めた。海外の人がどのように日本を見ているかを学び、既存の学問の枠を超えて新たな日本像をとらえようと試みた。2000年以降、同様の研究を行う組織が増えたが、連携は進んでいなかった。

 従来は日本への関心は経済面中心だったが、クールジャパンと言われる大衆文化に広がり、研究は多様化している。留学生も増え、いかに研究や教育を充実させるかが課題になっていた。14日にシンポジウム「なぜ国際日本研究なのか」を日文研で開き、連携組織設立を決めた。

 日文研は海外で出版された日本に関する本や画像など豊富なデータベースを持ち、昨年からは総力を挙げたプロジェクト「大衆文化研究」に力を注ぐ。小松和彦所長は「日文研の機能を強化しつつ他大学や研究機関を支援し、新しい日本像を切り開きたい」と話す。

 今後、日文研に事務局を設け、国際シンポジウムの開催、研究者や成果を紹介するウェブサイトの構築を目指す。

【 2017年05月17日 09時10分 】

ニュース写真

  • 「なぜ国際日本研究なのか」を話し合った14日のシンポジウム。コンソーシアムの設立を確認した(京都市西京区・国際日本文化研究センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      夕張メロンの収穫始まる
      滑らかな舌触り、香り高く

      20170525000044

       高級果物として人気がある「夕張メロン」の収穫が25日朝、北海道夕張市で始まった。今年は..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      貴ノ岩休場で日馬富士不戦勝
      2日連続で結びが不戦に

      20170525000039

       大相撲の東前頭5枚目、貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃..... [ 記事へ ]

      経済

      伸びる住宅ローン残高 京都・滋賀の金融機関、金利引き下げ

      20170525000057

       京都、滋賀の主な金融機関が、住宅ローン残高を伸ばしている。日銀が昨年2月に導入したマイ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車ルール守って、スタントマン事故再現 京都の中学

      20170525000023

       スタントマンによる交通事故の再現を通じて、自転車の安全運転を心掛けてもらう授業が24日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]

      国際

      「反トランプ」デモ1万人
      ブリュッセルで抗議

      20170525000029

       【ブリュッセル共同】トランプ米大統領が北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するた..... [ 記事へ ]