出版案内
福祉事業団

滋賀・米原の魅力、アプリで発信 京都の訪日客、ぜひ来て

京都を訪れた外国人観光客向けに、米原市での小旅行をPRするアプリの画面=イー・エージェンシー提供
京都を訪れた外国人観光客向けに、米原市での小旅行をPRするアプリの画面=イー・エージェンシー提供

 滋賀県米原市と情報技術(IT)サービスのイー・エージェンシー(東京都)は、観光で京都を訪れる外国人に伊吹山や琵琶湖など米原の魅力を発信するスマートフォン用アプリの配信を16日から始めた。都市とは異なる、豊かな自然や農村の暮らしを見聞できる小旅行を紹介している。

 京都市内のゲストハウス宿泊者に、体験型観光を紹介するスマホ用アプリ「Kyoto OK」に、米原の情報を掲載する。何度も京都を訪れている外国人をターゲットに、市内では味わえない日本の魅力を体験できることを伝えるのが狙い。

 「清らかな日本に出会う」と題し、サイクリングで米原市内を巡るコースを紹介。JR米原駅でレンタサイクルを借り、伊吹そばやビワマスを食べたり、バイカモが咲く醒ケ井地区の地蔵川を訪ね、農家に民泊して琵琶湖の夕日を眺めてから京都に帰る1泊2日のルートを例示。自然や地域の食文化、伝統工芸に触れることができる、と旅行者に訴える。

 市は、米原創生官民連携パートナーシップ事業として、取材費など30万円を補助した。甲斐真樹社長は「外国人に向けた地方の情報発信力は乏しい。その課題を解決したい」と抱負を語った。

 「Kyoto OK」は宿泊予約が入った時点で、ゲストハウスから予約者にメールなどでアプリのダウンロードを働き掛ける仕組みで、来日前に旅行のプランを提案できるため、月間300組が利用しているという。現在は英語と日本語版のみだが、本年度内には中国版も作製するとしている。

【 2017年05月17日 10時27分 】

ニュース写真

  • 京都を訪れた外国人観光客向けに、米原市での小旅行をPRするアプリの画面=イー・エージェンシー提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      洗濯物畳むロボット販売へ
      199万円、AIで認識

      20170623000082

       ベンチャー企業のセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京)が洗濯物を自動で折り畳み、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      故竹中、清水の2氏選出 京都野球殿堂

      20170623000091

       京都野球協会はこのほど、野球界に多大な功績を残した地元ゆかりの人物をたたえる「京都野球..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自動車、益子氏が社長退任
      CEOは続投

      20170623000096

       三菱自動車は23日、益子修社長(68)が社長職を退任し、最高経営責任者(CEO)の専任..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      商店街にまちかどキャンパス 福知山公立大、空き店舗活用

      20170623000069

       京都府福知山市はこのほど、福知山公立大の講義や市民講座を行う「まちかどキャンパス」を、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設の試運転公開、福島
      除染廃棄物を分別

      20170622000110

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た廃棄物を保管する中間..... [ 記事へ ]

      国際

      万景峰、赤字続きの運航
      ロ朝航路開設1カ月

      20170623000087

       【ウラジオストク共同】ロシアと北朝鮮を結ぶ初の定期船航路として5月中旬に開設された貨客..... [ 記事へ ]