出版案内
福祉事業団

創立30周年「日文研は永遠なり」 京都、梅原さん講演

日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター
日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター

 個性的な研究者たちが新たな視点の日本研究を切り開いてきた「国際日本文化研究センター」(京都市西京区)で17日、創立30周年の記念講演会が行われた。初代所長の哲学者梅原猛さん(92)が立ち上げ時からを回顧し「希望通り新しい研究が生まれている。長嶋茂雄のように『日文研は永遠なり』と言いたい」と力強く語った。

 梅原さんは、同センターの若手のホープの一人、磯田道史准教授(46)から質問を受ける形で話した。

 1987年の同センター創立の経緯について「日本研究が歴史や文学など分野ごとに限定され、もっと総合的・国際的な研究が必要だった」と振り返り、「日文研は少数精鋭の創造者の集まり。新しい研究が生まれ喜んでいる」と話した。

 一方、「戦前のような武力的な考え方でなく、日本は平和を守らなくてはならないが、しんどい立場にある」と今の政治状況を危惧し、あらゆるものを尊重する思想「草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)」の大切さを語った。自らの研究については「90歳を超えて、本当に自分の哲学を磨く時が来ている。100歳まで生きるつもりです」と述べ、会場の拍手を受けた。

 シカゴ大のジェームズ・E・ケテラー教授も「日本研究の諸問題」と題して講演した。

【 2017年05月17日 22時10分 】

ニュース写真

  • 日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      原発、同時事故想定すべきが6割
      共同通信アンケート

      20171217000088

       関西電力が来年3月以降の再稼働を目指す大飯原発3、4号機(福井県おおい町)と既に再稼働..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー、サントリーが1位確定
      ヤマハも決勝T進出

      20171217000074

       ラグビーのトップリーグ第12節最終日は17日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、レッ..... [ 記事へ ]

      経済

      葉っぱビジネスの経験伝授
      徳島「いろどり」、農業活性化へ

      20171216000092

       和食に添える葉や花などの「つまもの」を高齢者が商品化する「葉っぱビジネス」で知られる徳..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、「一帯一路」推進呼び掛け
      閣僚級、日本側に

      20171216000112

       【北京共同】日中両国の政財界人や有識者が安全保障や外交を議論するシンポジウム「東京―北..... [ 記事へ ]