出版案内
福祉事業団

創立30周年「日文研は永遠なり」 京都、梅原さん講演

日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター
日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター

 個性的な研究者たちが新たな視点の日本研究を切り開いてきた「国際日本文化研究センター」(京都市西京区)で17日、創立30周年の記念講演会が行われた。初代所長の哲学者梅原猛さん(92)が立ち上げ時からを回顧し「希望通り新しい研究が生まれている。長嶋茂雄のように『日文研は永遠なり』と言いたい」と力強く語った。

 梅原さんは、同センターの若手のホープの一人、磯田道史准教授(46)から質問を受ける形で話した。

 1987年の同センター創立の経緯について「日本研究が歴史や文学など分野ごとに限定され、もっと総合的・国際的な研究が必要だった」と振り返り、「日文研は少数精鋭の創造者の集まり。新しい研究が生まれ喜んでいる」と話した。

 一方、「戦前のような武力的な考え方でなく、日本は平和を守らなくてはならないが、しんどい立場にある」と今の政治状況を危惧し、あらゆるものを尊重する思想「草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)」の大切さを語った。自らの研究については「90歳を超えて、本当に自分の哲学を磨く時が来ている。100歳まで生きるつもりです」と述べ、会場の拍手を受けた。

 シカゴ大のジェームズ・E・ケテラー教授も「日本研究の諸問題」と題して講演した。

【 2017年05月17日 22時10分 】

ニュース写真

  • 日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      夕張メロンの収穫始まる
      滑らかな舌触り、香り高く

      20170525000044

       高級果物として人気がある「夕張メロン」の収穫が25日朝、北海道夕張市で始まった。今年は..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      貴ノ岩休場で日馬富士不戦勝
      2日連続で結びが不戦に

      20170525000039

       大相撲の東前頭5枚目、貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃..... [ 記事へ ]

      経済

      伸びる住宅ローン残高 京都・滋賀の金融機関、金利引き下げ

      20170525000057

       京都、滋賀の主な金融機関が、住宅ローン残高を伸ばしている。日銀が昨年2月に導入したマイ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車ルール守って、スタントマン事故再現 京都の中学

      20170525000023

       スタントマンによる交通事故の再現を通じて、自転車の安全運転を心掛けてもらう授業が24日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]

      国際

      「反トランプ」デモ1万人
      ブリュッセルで抗議

      20170525000029

       【ブリュッセル共同】トランプ米大統領が北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するた..... [ 記事へ ]