出版案内
福祉事業団

創立30周年「日文研は永遠なり」 京都、梅原さん講演

日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター
日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター

 個性的な研究者たちが新たな視点の日本研究を切り開いてきた「国際日本文化研究センター」(京都市西京区)で17日、創立30周年の記念講演会が行われた。初代所長の哲学者梅原猛さん(92)が立ち上げ時からを回顧し「希望通り新しい研究が生まれている。長嶋茂雄のように『日文研は永遠なり』と言いたい」と力強く語った。

 梅原さんは、同センターの若手のホープの一人、磯田道史准教授(46)から質問を受ける形で話した。

 1987年の同センター創立の経緯について「日本研究が歴史や文学など分野ごとに限定され、もっと総合的・国際的な研究が必要だった」と振り返り、「日文研は少数精鋭の創造者の集まり。新しい研究が生まれ喜んでいる」と話した。

 一方、「戦前のような武力的な考え方でなく、日本は平和を守らなくてはならないが、しんどい立場にある」と今の政治状況を危惧し、あらゆるものを尊重する思想「草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)」の大切さを語った。自らの研究については「90歳を超えて、本当に自分の哲学を磨く時が来ている。100歳まで生きるつもりです」と述べ、会場の拍手を受けた。

 シカゴ大のジェームズ・E・ケテラー教授も「日本研究の諸問題」と題して講演した。

【 2017年05月17日 22時10分 】

ニュース写真

  • 日文研の歩みを振り返る梅原猛さん(右)と聞き手の磯田道史准教授=京都市西京区・国際日本文化研究センター
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      虐待防止、訴え琵琶湖一周 10月にリレー、参加募る

      20170821000021

       琵琶湖一周を走って子どもの虐待防止を呼び掛ける「びわ湖一周オレンジリボンたすきリレー」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤンキース田中、復帰に闘志
      23日のタイガース戦

      20170821000028

       【ボストン共同】右肩炎症で故障者リスト(DL)に入っているヤンキースの田中将大投手が2..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]

      国際

      車3台で爆破テロ計画か
      警察、隠れ家遺体特定急ぐ

      20170821000013

       【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の連続テロで、警察当局は20日の記者..... [ 記事へ ]