出版案内
福祉事業団

「火の用心! 山林守って!」 京都で啓発活動

駅の利用者に山林火災への注意を呼び掛ける消防と警察関係者たち(京都市左京区・叡山電鉄出町柳駅)
駅の利用者に山林火災への注意を呼び掛ける消防と警察関係者たち(京都市左京区・叡山電鉄出町柳駅)

 岩手県釜石市で今月に発生した大規模な山林火災を受け、京都市消防局は17日、左京区と伏見区で登山者らに啓発活動をした。行楽シーズンを迎えて山でのレジャーを楽しむ人が増える中、「山の緑を火災から守ろう」と協力を訴えた。

 釜石市の山林火災では、広範囲に延焼し、136世帯に避難指示が出された。山奥には消防車が入れないことなど、消火の難しさがあらためて浮き彫りになった。

 京都市内では昨年までの5年間でいずれも小規模だが、17件が発生している。2013年6月に左京区で起きた火災では、鎮火に7日間かかっている。焼失面積は約4ヘクタールで登山者のたばこが原因とみられる。

 左京区の叡山電鉄出町柳駅前では、左京消防署や左京消防団、下鴨署の23人が駅を利用して登山に向かう人らに注意喚起した。「空気が乾燥して山火事が起きやすくなっている。火気の取り扱いに注意し、たばこの投げ捨ては絶対にやめて」と呼び掛けていた。

 伏見区では、伏見稲荷大社で伏見消防署員や伏見消防団員らが啓発活動を行った。19日には北区と山科区でも実施する。

【 2017年05月18日 11時30分 】

ニュース写真

  • 駅の利用者に山林火災への注意を呼び掛ける消防と警察関係者たち(京都市左京区・叡山電鉄出町柳駅)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      受動喫煙対策、日本はまだまだ 京都で防止訴え

      20170527000141

       世界保健機関が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、受動喫煙防止の重要性を訴える催し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、バブリンカが通算16勝目
      ジュネーブ・オープン

      20170528000008

       男子テニスのジュネーブ・オープンは27日、ジュネーブでシングルス決勝が行われ、第1シー..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、東証1部復帰申請へ
      6月末に、戴社長

      20170527000127

       【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学生が裁判員裁判体験 滋賀、弁護や検察役に分かれ

      20170527000128

       小中学生が裁判員裁判を体験する憲法週間の記念行事が27日、大津市の大津地裁で催された。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      独首相、米の温暖化議論「不満」
      G7サミット閉幕後の記者会

      20170527000150

       【タオルミナ共同】ドイツのメルケル首相は27日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]

      国際

      英航空会社でシステム障害
      ブリティッシュ・エアウェイズ

      20170527000135

       【ロンドン共同】英ブリティッシュ・エアウェイズのコンピューターシステムに27日、障害が..... [ 記事へ ]