出版案内
福祉事業団

京都の30代母親ら3人、社団法人設立 障害者福祉など業務に

6月に開設する放課後デイサービスや障害者の就労支援などについて話し合う森口さん(左)、佃さん(中央)、岩本さん=向日市寺戸町
6月に開設する放課後デイサービスや障害者の就労支援などについて話し合う森口さん(左)、佃さん(中央)、岩本さん=向日市寺戸町

 京都府長岡京市の30代の母親ら3人がそれぞれの得意分野を生かして、障害者福祉や子育て支援を行う一般社団法人「暮らしランプ」をこのほど設立した。6月からは障害児の放課後デイサービスや障害者の就労事業を始める計画で、母親らは「子育て中でも能力を生かして社会に貢献していきたい」と話している。

 カフェ経営の森口誠さん(33)=長岡京市西の京、子育て支援活動に取り組む岩本知世子さん(31)=同市調子1丁目、会社員の佃知沙さん(31)=同市竹の台。岩本さんが自身の主宰する子育てサークルで佃さんと出会い、知人を通じ森口さんと昨夏知り合った。

 それぞれ3~0歳の子どもがいる。森口さんは障害者福祉の現場で長年働いた経験があり、佃さんは園芸療法士、岩本さんは管理栄養士の資格を持っていることから、それぞれの強みや技能を生かして一体的に取り組もうと今年3月に法人を設立した。

 6月に開所する放課後デイサービス「あくあ」と就労継続支援事業「こきゅう」は京都市西京区の洛西ニュータウン内に設置。「あくあ」では、預かった障害児が多彩な体験ができるよう森口さんの知人のアーティストに依頼し、絵画や工作などに取り組む。また「こきゅう」では、園芸療法ができる庭の整備、インテリア植物の生産、パッケージデザインなどを行う予定。

 また森口さんが向日市内で運営するカフェでは、離乳食の相談会やベビーフード、食具などの展示販売なども検討している。

 森口さんは「若い子育て世代だからこそ、これまでの福祉のイメージを変えていけるのではないか。暮らしの少し先が明るくなるような取り組みを、地域で起こしていきたい」としている。

【 2017年05月19日 15時00分 】

ニュース写真

  • 6月に開設する放課後デイサービスや障害者の就労支援などについて話し合う森口さん(左)、佃さん(中央)、岩本さん=向日市寺戸町
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      原発、同時事故想定すべきが6割
      共同通信アンケート

      20171217000088

       関西電力が来年3月以降の再稼働を目指す大飯原発3、4号機(福井県おおい町)と既に再稼働..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー、サントリーが1位確定
      ヤマハも決勝T進出

      20171217000074

       ラグビーのトップリーグ第12節最終日は17日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、レッ..... [ 記事へ ]

      経済

      葉っぱビジネスの経験伝授
      徳島「いろどり」、農業活性化へ

      20171216000092

       和食に添える葉や花などの「つまもの」を高齢者が商品化する「葉っぱビジネス」で知られる徳..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、「一帯一路」推進呼び掛け
      閣僚級、日本側に

      20171216000112

       【北京共同】日中両国の政財界人や有識者が安全保障や外交を議論するシンポジウム「東京―北..... [ 記事へ ]