出版案内
福祉事業団

太鼓と舞踊で「厨子王」劇 9月、京都・綾部で初上演

9月の公演に向けて稽古をする霜澤さん(右)ら出演者ら=福知山市夜久野町額田・夜久野ふれあいプラザ
9月の公演に向けて稽古をする霜澤さん(右)ら出演者ら=福知山市夜久野町額田・夜久野ふれあいプラザ

 京都府福知山市の和太鼓奏者らが、丹後を舞台にした民話「安寿(あんじゅ)と厨子(ずし)王物語」を題材にした音楽舞踊劇を9月3日に綾部市で初上演する。森鷗外が「山椒大夫」として小説化した悲劇を太鼓演奏や踊りを交えて表現。民話に関係する新潟県佐渡市を拠点にするプロ和太鼓集団「鼓童」のメンバーも特別出演する。

 民話では平安時代、九州に左遷された役人の父に会うため、妻と幼い安寿姫、厨子王が旅立つ。道中で人買いにだまされ、姉弟は丹後の荘園領主・山椒大夫のもとに、妻は佐渡島へ売られてしまう。姉弟は厳しい労働環境のもと、成長して荘園から脱走を試みるが…という内容。

 音楽舞踊劇は、福知山市を中心に活動する和太鼓ユニット「ひとつ」が主催する。霜澤真代表(27)が2年前、鼓童の創設メンバーの小島千絵子さんを招いた和太鼓のワークショップを同市で開催。その際、宮津市石浦の山椒大夫の屋敷跡近くを通りかかり、小島さんが佐渡とのつながりに気付いた。府北部の民話を知ってもらおうと、演劇化した。

 霜澤さんが厨子王役を、小島さんが母親役を務め、ひとつのメンバーやワークショップに参加した住民が出演する。出演者は迫力ある太鼓演奏や、親子や姉弟の悲哀を表現しようと稽古を重ねている。霜澤さんは「物語からは離れ離れになっても家族を思う強い愛が感じられる。若い人たちにも物語を知ってほしい」と語る。

 公演は綾部市里町の府中丹文化会館で、午後1時半から。有料。問い合わせは霜澤さん090(2018)7331。

【 2017年08月12日 20時49分 】

ニュース写真

  • 9月の公演に向けて稽古をする霜澤さん(右)ら出演者ら=福知山市夜久野町額田・夜久野ふれあいプラザ
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      東京税関が覚醒剤64キロ押収
      国際郵便で過去最大

      20180223000128

       東京税関は23日、国際郵便で密輸された覚醒剤約64キロ(末端価格41億円相当)を201..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スピード新種目組み合わせ決まる
      高木菜1組、佐藤が2組

      20180223000143

       【平昌共同】24日に実施されるスピードスケートの新種目、マススタートの1回戦の組み合わ..... [ 記事へ ]

      経済

      プレ金、早帰りできたのは1割
      低空飛行で1年、消費に効果も

      20180223000157

       月末の金曜日に早めの退社を促し、消費を喚起する取り組み「プレミアムフライデー(プレ金)..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都滋賀で1万5千人挑戦 25日、国公立大2次試験

      20180223000138

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      もんじゅ、燃料取り出し7月開始
      廃炉作業の第1段階

      20180223000122

       日本原子力研究開発機構は23日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉作業の第1..... [ 記事へ ]

      国際

      不倫騒動の豪副首相辞任へ
      与党内からも圧力

      20180223000136

       【シドニー共同】オーストラリアのジョイス副首相は23日、26日に副首相のほか、兼務する..... [ 記事へ ]