出版案内
福祉事業団

太鼓と舞踊で「厨子王」劇 9月、京都・綾部で初上演

9月の公演に向けて稽古をする霜澤さん(右)ら出演者ら=福知山市夜久野町額田・夜久野ふれあいプラザ
9月の公演に向けて稽古をする霜澤さん(右)ら出演者ら=福知山市夜久野町額田・夜久野ふれあいプラザ

 京都府福知山市の和太鼓奏者らが、丹後を舞台にした民話「安寿(あんじゅ)と厨子(ずし)王物語」を題材にした音楽舞踊劇を9月3日に綾部市で初上演する。森鷗外が「山椒大夫」として小説化した悲劇を太鼓演奏や踊りを交えて表現。民話に関係する新潟県佐渡市を拠点にするプロ和太鼓集団「鼓童」のメンバーも特別出演する。

 民話では平安時代、九州に左遷された役人の父に会うため、妻と幼い安寿姫、厨子王が旅立つ。道中で人買いにだまされ、姉弟は丹後の荘園領主・山椒大夫のもとに、妻は佐渡島へ売られてしまう。姉弟は厳しい労働環境のもと、成長して荘園から脱走を試みるが…という内容。

 音楽舞踊劇は、福知山市を中心に活動する和太鼓ユニット「ひとつ」が主催する。霜澤真代表(27)が2年前、鼓童の創設メンバーの小島千絵子さんを招いた和太鼓のワークショップを同市で開催。その際、宮津市石浦の山椒大夫の屋敷跡近くを通りかかり、小島さんが佐渡とのつながりに気付いた。府北部の民話を知ってもらおうと、演劇化した。

 霜澤さんが厨子王役を、小島さんが母親役を務め、ひとつのメンバーやワークショップに参加した住民が出演する。出演者は迫力ある太鼓演奏や、親子や姉弟の悲哀を表現しようと稽古を重ねている。霜澤さんは「物語からは離れ離れになっても家族を思う強い愛が感じられる。若い人たちにも物語を知ってほしい」と語る。

 公演は綾部市里町の府中丹文化会館で、午後1時半から。有料。問い合わせは霜澤さん090(2018)7331。

【 2017年08月12日 20時49分 】

ニュース写真

  • 9月の公演に向けて稽古をする霜澤さん(右)ら出演者ら=福知山市夜久野町額田・夜久野ふれあいプラザ
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      岐阜・美濃加茂市長辞職に同意
      最高裁上告棄却で議会

      20171214000057

       汚職事件で事前収賄などの罪に問われ、最高裁が上告を棄却した岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷選手、契約金は2億6千万
      エンゼルスの上限額とAP通信

      20171214000069

       【ロサンゼルス共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムでの米大リーグ、エンゼルス..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 ジェイ・エス・ビー

      20171214000031

      ■管理戸数増で増収増益 主力の不動産賃貸管理事業は、取り扱い物件戸数の増加や高水準の入居..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最古の首長竜、絶滅逃れる
      ドイツの2億年前の地層

      20171214000009

       「首長竜」と呼ばれる海の大型爬虫類プレシオサウルス類の最古の化石を見つけたと、東京大や..... [ 記事へ ]

      国際

      メルケル首相、大連立へ協議開始
      第2党党首と会談、反対論も

      20171214000041

       【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は13日、自ら率いる第1党の保守、キリスト教民主・..... [ 記事へ ]