出版案内
福祉事業団

京都国際会館新ホール、来年秋開業 内装に伝統産業品

多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する
多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する

 国立京都国際会館(京都市左京区)で建設中の多目的ホールが、来年10月にオープンすることが決まった。最大2500人収容のホールでは、京焼・清水焼のアート作品をロビーの壁に飾り、賓客用の特別室に北山丸太の床柱を使うなど、京都の伝統産業製品を生かした空間を整える。

 多目的ホールは広さ延べ2千平方メートル。国が、既存のイベントホール北側に約33億円をかけて整備している。大規模な国際会議やイベント誘致のため、将来は5千人規模への拡張を市が要望しており、増築を想定した設計となっている。

 同会館と市は、施設の付加価値を高めて会議の誘致や伝統産業振興に生かそうと、2016年度に大学教授らでつくる懇談会を設け、内装や備品に関する取り組みを検討した。

 京都ならではの内装や庭の整備には4億円をかける。特別室は西陣織の生地を張る椅子のほか、漆塗りの机や象眼をあしらう引き戸を使い、庭に貴船石や鞍馬石を配する。ロビーには伝統産業製品の展示ケースを組み合わせたサイドテーブルなどを置き、館内は合わせて30品目程度の伝統産業の技術を生かす方針。市美術館(左京区)と連携した美術工芸品の展示も検討している。

 多目的ホールの予約は、8月1日から受け付けが始まった。ケータリングサービスを複数の事業者から選択できるようにするなど、運用面でも新たな方式を取り入れる。同会館と市は「京都ならではのしつらえと、さまざまな催事に柔軟に対応できる特徴を誘致につなげたい」としている。

【 2017年08月12日 22時22分 】

ニュース写真

  • 多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      茶のしずく「安全性欠く」 京都地裁、販売業者に賠償命令

      20180220000203

       「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使って、重い小麦アレルギーを発症したとして、京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      宮原、好調「思い切って」 平昌五輪SP前日の最終調整

      20180220000206

       平昌五輪フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)を翌日に控えた宮原知子(関大..... [ 記事へ ]

      経済

      ウーバー配車、全国展開へ
      20年めど、地域タクと提携

      20180220000188

       来日中の米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      住民が開く「寺子屋」好評 滋賀「学校と違う面白さ」

      20180220000092

       滋賀県湖南市内の住民組織「石部南学区まちづくり協議会」が同まちづくりセンター(同市石部..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、口内医療にAI活用構想
      がんや口内炎、虫歯の診療

      20180220000142

       大阪大とNECは20日、人工知能(AI)を用いたデータ解析を、口の中にできるがんや口内..... [ 記事へ ]

      国際

      南アフリカ「世界初」干ばつ危機
      観光地、水供給停止も

      20180220000165

       【ケープタウン共同】南アフリカの主要都市ケープタウンが、数年にわたる干ばつで深刻な水不..... [ 記事へ ]